債務整理・過払い金ネット相談室へようこそ!もう借金が返せない・・・借金生活から抜け出せない・・・何とか生活を立て直したい・・・etc。あきらめることはありません。借金問題は,勇気と覚悟さえあれば必ず解決策があります。借金返済のお悩みの解決方法を, 債務整理 といいます。自己破産・個人再生・任意整理・過払い金返還など,このサイトで,債務整理の不安を取り除いてください。そして,債務整理の借金返済の苦しみから脱出しましょう!

債務整理とは?

クレジット会社やサラ金などからの借金返済の問題を法的に解決するための各種の手続を,まとめて「債務整理」と呼んでいます。

>> 債務整理全般の記事一覧

自己破産とは?

裁判所の裁判によって,一定の財産を処分する代わりに,それでも支払いきれない借金の支払義務を免除してもらう手続のことをいいます。

>> 自己破産に関する記事一覧

個人再生とは?

裁判所の裁判によって,財産を処分せずに,借金の総額を減額し,長期の分割払いにしてもらうという手続のことをいいます。

>> 個人再生に関する記事一覧

過払い金返還請求とは?

長い期間,高い利息を支払い続けていた場合,払いすぎた利息 「過払い金(過払金)」 を返してもらえることがあります。

>> 過払い金に関する記事一覧

任意整理とは?

弁護士が代理人となって,債務者の方に有利な返済条件での返済計画を認めてもらうように債権者と交渉する手続のことをいいます。

>> 任意整理に関する記事一覧

弁護士による無料相談

東京 多摩 立川のLSC綜合法律事務所では,クレジット・サラ金等の借金問題のご相談を「完全無料」とさせて頂いております。

>> 弁護士による無料相談のご案内

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

借金返済でお悩みの方へ

借金返済は,経済的に苦しいことはもちろん,精神的にも辛い問題です。現に,借金苦によって自ら命を絶つ方すらいるというのです。いま我が国は不況の真っただ中にあり, 借金に苦しむ方も少なくないと思います。

しかし,借金返済の問題は,法律問題です。したがって,法律によって解決することが 可能なのです。そして,その借金返済の問題の法的解決手続のことを「債務整理」とい います。借金問題の解決を諦める必要はまったくないのです。

債務整理には,主として,自己破産・個人再生・任意整理の3つの方法があります。 その他にも事情によってはいくつかの方法が考えられます。どの方法を選択すべきかは, 個々の状況によって異なってきます。

任意整理とは,弁護士が債務者の代理人としてサラ金などの債権者と交渉し,債務者 に有利な条件での返済計画を認めてもらうという手続です。安定収入があり,毎月の返済 金額が減少すれば,返済を継続していけるという方には,この任意整理がお勧めです。

自己破産とは,裁判所の裁判によって,一定の財産を処分する代わりに,財産を処分 しても支払いきれない借金の支払義務をすべて免除してもらうという手続です。返済金額 が減少しても返済は難しいという方は,この自己破産を検討することになります。

個人再生とは,裁判所の裁判によって,借金の総額を最大5分の1にまで減額した上 で分割払いにしてもらうという手続です。自宅など処分できない財産があるので自己破産 はできないが,安定収入があるという方は,この個人再生も検討に値するでしょう。

また,利息制限法という法律によって,借金の利息の利率が制限されています。この利 息制限法の制限利率を超える利息を長期間支払ってきた場合,払いすぎた利息を返しても らえることがあります。この払いすぎた利息のことを「過払い金」といいます。

この過払金の返還を請求して取り戻し,他に残っている借金の返済に充てたり,生活の 再建のために利用したりすることによって,借金を整理することも可能です。その意味で は,この過払い金返還請求も債務整理の1つと言えるでしょう。

過払い金は,サラ金などの債権者との取引が継続している場合だけではなく,すでに完済して取引が終了している場合でも,返還を請求することが可能です。(ただし,取引の 終了時からすでに10年が経過している場合は難しくなります。)

もっとも,消費者金融最大手の株式会社武富士が会社更生手続をしたり,SFコーポレーションが破産したりするなど,サラ金業者やクレジット会社などの貸金業者の体力がなくなってきており,過払金返還の状 況は厳しくなっています。過払金返還をお考えの方はお早目の対応が必要でしょう。

さらに,上記の任意整理・自己破産・個人再生・過払い金返還請求のほかにも,借金を 整理する方法はあります。例えば,借金の消滅時効を援用する方法,借金の相続を放棄す る方法,裁判所の特定調停を利用する方法などが挙げられます。

繰り返しになりますが,上記のようにさまざまな債務整理の方法がある以上,借金返済 の問題の解決をあきらめることはないのです。間違っても,借金苦で自殺を考える・・・などは絶対にしな いようにしてください。そんな必要はないのです。

もちろん,債務整理は債権者に泣いてもらうという手続ですから,それなりのデメリットは存在します。しかし,債務整理によって得られるメリットに比べれば,そのようなデメリットは小さなものにすぎません。

また,債務整理でデメリットと考えられているこの中には,誤解に基づくものが少なく ありません。例えば,債務整理をしたからといって貸金業者から嫌がらせをうけたりすることはありませんし,選挙権が制限されるようなこともありません。

とはいえ,債務整理をするということは重大な事柄ですから,なかなか踏ん切りがつかないとしても当然のことです。しかし,債務整理は,借金問題の解決にとって極めて有効な方法です。

これまで多くの債務整理事件を取り扱わせていただきましたが,「債務整理をしなければ良かった」などというお話を聞いたことはありません。むしろ,大半の方が口をそろえて「もっと早く相談しておけば良かった」とおっしゃられていました。

まずは,この 債務整理・過払い金ネット相談室 で債務整理や過払金返還請求の基礎知識やメリットとデメリットをしっかりと把握し,債務整理をすることの不安や疑問を解消してください。

そして,不安や疑問を解消し,借金問題の解決のために債務整理を行い,借金に苦しみ悩む生活から脱出しましょう。

東京 多摩 立川のLSC綜合法律事務所 では,経験豊富な弁護士による無料相談も行っていますので,実際に弁護士に話を聞いてみたいという方,お気軽にご相談ください。

更新情報・お知らせ

2016年10月08日
東京地裁における自己破産陳述書・報告書「免責不許可事由(破産法252条1項4号)」の書き方 を公開いたしました!
2016年09月27日
東京地裁立川支部における自己破産陳述書・報告書「免責不許可事由」の書き方 を公開いたしました!
2016年09月21日
東京地裁本庁における自己破産陳述書・報告書「免責不許可事由」の書き方 を公開いたしました!
2016年09月10日
東京地裁における自己破産陳述書・報告書「破産申立てに至った事情」の書き方 を公開いたしました!
2016年09月10日
東京地裁本庁における自己破産陳述書・報告書「今回の破産申立費用の調達方法」の書き方 を公開いたしました!
2016年09月10日
東京地裁における自己破産陳述書・報告書「現在の住居の状況」の書き方と添付資料 を公開いたしました!
2016年09月10日
東京地裁における自己破産陳述書・報告書「家族関係等」の書き方 を公開いたしました!
2016年09月09日
東京地裁における自己破産陳述書・報告書「過去10年前から現在に至る経歴」の書き方 を公開いたしました!
2016年09月09日
東京地方裁判所立川支部における自己破産申立ての陳述書・報告書の書き方 を公開いたしました!
2016年09月09日
東京地方裁判所本庁における自己破産申立ての陳述書・報告書の書き方 を公開いたしました!

>> さらに過去の更新情報 更新情報の定期購読(RSS)

サイト運営者情報

債務整理・過払い金ネット相談室は,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所が運営しています。

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

このサイトがお役にたてたらシェアお願いいたします。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ