サイトマップ

特定調停

一部の債権者だけ特定調停しないことができるか?

複数の債権者がいる場合,すべての債権者を対象として特定調停を申し立てるのが原則です。ここでは,一部の債権者だけ特定調停しないことができるのかについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

一部債権者を除いた特定調停の申立て

結論からいえば,特定の債権者だけ特定調停するということは可能です。つまり,特定の債権者だけ特定調停の申立てをしないでも許されるということです。

たとえば,債権者としてA社とB社がある場合に,A社だけは特定調停を申し立て,B社については普通に支払っていくという選択も可能であるということです。

というのも,特定調停は債権者一人ひとりを相手方として,別々に申立てをするという建前になっています(実際には,複数の債権者を同時に申し立てることができます。)。

そして,どの債権者について特定調停を申し立てるかは申立人,すなわち債務者の自由であるとされていますから,特定調停をしたくない債権者については,特定調停の申立てをしなければよいだけなのです。

>> 特定調停とは?

債権者平等の原則との関係

もちろん,一部の債権者だけ特定調停を申し立て,それ以外の債権者について特定調停を申し立てずに普通に支払っていくというのは,債権者の平等に反するようにも思われます。

しかし,債権者平等に反すると思ったならば,その債権者は特定調停に応じなければよいだけの話です。特定調停に応じるということは,債権者平等に反してもかまわないという意志の表れととることができます。

したがって,債権者が特定調停に応じてくる限り,債権者平等に反するという瑕疵は,債権者の同意によって治癒されると考えることができます。

cf 一部の債権者だけの任意整理

一部債権者だけの申立てにおける注意点

前記のとおり,一部の債権者だけ特定調停の対象とせずに申し立てるということは可能です。もっとも,注意しなければならない点はあります。

特定調停の申立てにおいては,どの程度返済できるのかということを明らかにしなければなりません。そのため,月々の収支状況についても,裁判所に提出する必要があります。

したがって,この時点で,仮に特定調停を申し立てない債権者がいるとしても,その債権者に対する返済金額も伝えておかなければなりません。つまり,申立書添付の資料に記載しておく必要があるということです。

一部の債権者について特定調停の対象としなくてもよいからといって,その返済があることまで隠しておけるというわけではないのです。

特定調停を申し立てない債権者への返済が大きいために,その他の特定調停を申し立てた債権者への返済原資が著しく減ってしまうような場合には,特定調停における話し合いがまとまらない可能性があります。

また,仮に話し合いがまとまったとしても,特定調停を申し立てていない債権者への返済が苦しくなり,他の債権者にも支払えず,結局は,全体として返済ができなくなってしまうという場合もあります。

やはり,特定調停をするならば,基本的には,債権者全員を相手方として申し立てる方が確実でしょう。

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

債務整理ならLSC綜合法律事務所にお任せください

特定調停や借金整理でお困りの方がいらっしゃいましたら,債務整理の相談実績2000件以上の東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。ご相談は無料です。

>> 弁護士による債務整理の無料相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ