サイトマップ

特定調停

特定調停とは?

自己破産・個人再生・任意整理といった債務整理の方法以外にも,借金の整理に利用できる法的手段として特定調停という裁判手続があります。ここでは,特定調停とはどのような手続なのかについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

特定調停

裁判手続には,よく知られている訴訟手続のほかにも多くの手続があります。その多くの裁判手続の1つに民事調停という手続があります。

調停手続とは,裁判所(通常は,裁判所が選任した調停委員)が当事者の間に入って話し合いを調整するという手続です。この調停のうち,民事事件を取り扱うものを民事調停と呼んでいます。

この民事調停は,上手く話し合いがすすめば,訴訟よりも柔軟な解決が可能となるというメリットがあります。

しかし,借金問題だけを取り扱うというわけではないため,時間がかかったり,債権者の協力が得られなかったりというデメリットもありました。

もっとも,実は,この調停という裁判制度は,個別事情に応じた柔軟な解決が図れるという点で,借金問題の解決に非常に向いている面があります。

そこで,この民事調停のメリットを活かしつつ,多重債務問題解決に特化した調停制度が設けられました。それが,特定調停と呼ばれる民事調停制度です。

特定調停の特徴

この特定調停は,「 特定債務等の調整の促進のための特定調停に関する法律」(特定調停法)に定められています。

前記のとおり,この特定調停制度は多重債務問題に特化した民事調停です。そのため,他の民事調停にはないいくつかの特徴があります。

特定債務の調停であること

特定調停も,調停委員が債権者と債務者の間に入って話合いを行うという点では他の民事調停と同様ですが,対象とする紛争が「特定債務等」に関する紛争に限定されているという点が異なります。

特定債務」とは,支払不能,支払不能となるおそれ又は債務超過となるおそれのある人が背負っている金銭債務のことをいいます。

簡単に言えば,自己破産又は個人再生などの債務整理手続をとらなければならないような状態に陥っている人が背負っている金銭債務です(ただし,実際には,そこまで厳格にこの条件が求められるわけではなく,もう少し間口は広いと考えてよいでしょう。)。

そして,その特定債務の大半は,借金です。

したがって,特定調停において解決が目指される紛争の大部分は,借金に関する紛争であると言って差し支えないでしょう。

>> 特定債務・特定債務者とは?

直接の取立ての停止

特定調停を申立て,裁判所が各債権者に通知を出した場合,弁護士等が受任通知を送付した場合と同様,貸金業者等は債務者に対して直接の取立てをすることができなくなります

さらに,最も特徴的なところですが,特定調停申し立てに付随して,債権者による強制執行や手形の取立てなどを停止や禁止を裁判所が各債権者に命じてくれるという制度も用意されています。

17条決定の活用

加えて,特定調停においては,通常の民事調停よりも,17条決定がなされることが多い,というよりもむしろ17条決定による解決が多数であるという点も特徴的です。

民事調停においても,当事者間での話し合いがある程度煮詰まってきている場合には,仮に当事者間で合意に至っていない場合も,裁判所が相当と認める内容で決定を出すことがあります。

この決定は民事調停法17条に規定されていることから,17条決定と呼ばれています。

この17条決定は,通常の民事調停ではあまりなされることはないのですが,特定調停においては,債務者側がある程度合理的な返済計画案を提出すれば,仮に債権者が完全には合意していなくても,17条決定が出されます。

多くの債権者は,この17条決定に従ってくれているようです(ただし,近時は,調停には応じず,しかも17条決定にも必ず異議を出すという業者が増えてきているようです。)。

債務整理としての意義

この特定調停は,大半の場合,債務者が自ら,弁護士に依頼せずに行っているものと思われます。

そういう意味では,弁護士等が行う債務整理そのものとは言えないかもしれません。しかし,実際には,債務整理と同様に,借金問題の解決方法の1つとして重宝されています。

弁護士に依頼せずに債務者自らが借金の整理を行うという点からすると,債務者本人による任意整理と言ってもよいかもしれません。

弁護士等に依頼せずに借金の整理を行いたい場合や近い将来において強制執行されることが明らかであるような場合には,特定調停を利用することを検討してもよいかもしれません。

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

債務整理ならLSC綜合法律事務所にお任せください

特定調停や借金整理でお困りの方がいらっしゃいましたら,債務整理の相談実績2000件以上の東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。ご相談は無料です。

>> 弁護士による債務整理の無料相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ