債務整理・過払い金返還請求ネット相談室イメージ

個人再生の申立て

継続・反復して収入を得る見込み(収入の安定性)とは?

個人再生では,再生手続の開始から再生計画認可の段階までの全般において,債務者に将来において継続的に又は反復して収入を得る見込み(収入の安定性)があることが必要とされています。個人再生の利用適格要件と呼ばれています。

ここでは,個人再生の要件である継続・反復して収入を得る見込み(収入の安定性)とは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

個人再生の利用適格要件

民事再生法 第221条 第1項

個人である債務者のうち,将来において継続的に又は反復して収入を得る見込みがあり,かつ,再生債権の総額(住宅資金貸付債権の額,別除権の行使によって弁済を受けることができると見込まれる再生債権の額及び再生手続開始前の罰金等の額を除く。)が五千万円を超えないものは,この節に規定する特則の適用を受ける再生手続(以下「小規模個人再生」という。)を行うことを求めることができる。

民事再生法 第239条 第1項

第221条第1項に規定する債務者のうち,給与又はこれに類する定期的な収入を得る見込みがある者であって,かつ,その額の変動の幅が小さいと見込まれるものは,この節に規定する特則の適用を受ける再生手続(以下「給与所得者等再生」という。)を行うことを求めることができる。

個人再生の手続は,裁判所の再生計画認可決定によって,借金を減額してもらった上で,3年から5年の長期分割払いにしてもらうという裁判手続です。

したがって,借金・債務が減額されるとはいえ,一定額の返済は継続していかなければならないことが前提となっています。

反復・継続した収入がなく,不安定な収入しかないというのでは,個人再生が認可されたとしても,本当に再生計画どおりに弁済をし続けていけるかどうか分かりません。

債権者としては,ただでさえ債権額が減額の上に分割払いにまでされるというのに,さらに,返済されるかどうかが不確実な場合でも個人再生が認可されるというのでは,大いに不利益を被る恐れがあります。

したがって,債権者の理解を得るためには,少なくともその減額された分くらいは確実に支払えるという債務者でなければ個人再生は利用できないものとしておく必要があります。

そこで,個人再生おいては,小規模個人再生給与所得者等再生いずれの場合であっても,債務者に「将来において継続的に又は反復して収入を得る見込み」があることが必要とされています。

この「将来において継続的に又は反復して収入を得る見込み」ない場合には,個人再生を利用する適格性がないものとされ,個人再生の手続は利用できないことになります。

そのため,「将来において継続的に又は反復して収入を得る見込み」があることの要件は,個人再生の利用適格要件とも呼ばれます。

>> 個人再生(個人民事再生)とは?

継続・反復して収入を得る見込みの判断時期

個人再生においては,再生手続を開始するかどうか再生計画を認可するかどうかのそれぞれの時点で要件の審査が行われます。

継続・反復して収入を得る見込みの要件は,再生手続開始の判断の段階から再生計画認可の判断の段階まで,再生手続全般を通じて必要となってきます。

>> 個人再生の要件・利用条件(全般)

再生手続開始の段階

継続・反復して収入を得る見込みがあることは,個人再生手続開始の要件です。

したがって,再生手続開始の審査段階で,継続・反復して収入を得る見込みがないと判断された場合には,(小規模個人再生申立てについては通常再生手続開始を求める意思が無い限り,給与所得者等再生申立てについては通常民事再生手続開始を求める意思または小規模個人再生手続開始を求める意思がない限り)個人再生手続開始の申立ては棄却されます。

つまり,継続・反復して収入を得る見込みがないと判断された場合には,再生手続を始めてもらうことさえできないということです。

>> 個人再生における再生手続開始の要件とは?

再生手続途中の段階

再生手続が開始されたとしても,その後,手続中に失職するなどして継続・反復して収入を得る見込みがなくなるということもあり得ます。

そのような事情などがから,再生手続の途中で,継続・反復して収入を得る見込みがないことが明らかであると判断された場合には,履行可能性のある再生計画案を作成する見込みがないものとして,再生手続は廃止されます。

つまり,再生計画認可の審査にすら至らずに,再生手続が終了させられてしまうということです。

再生計画認可の段階

継続・反復して収入を得る見込みがないことは,再生計画不認可事由とされています。

したがって,再生計画認可の審査段階で,継続・反復して収入を得る見込みがないと判断された場合には,再生計画不認可事由に該当するため,再生計画の不認可決定がされることになります。

継続・反復して収入を得る見込みの要件は,個人再生手続全体を通じて具備されていなければならない要件なのです。

>> 個人再生における再生計画認可の要件・不認可事由とは?

継続・反復して収入を得る見込みの要件の意味

前記のとおり,個人再生においては,「債務者が継続的に又は反復して収入を得る見込み(収入の安定性)」があることが,再生手続の開始から再生計画の認可までの間を通じて必要とされています。

個人再生の再生計画では,再生債権を,再生計画認可決定確定日から3年間から5年間で,3か月に1回以上のペースで弁済していくことになります。

そのため,「継続的に又は反復して収入を得る見込み」とは,将来において,3年から5年にわたり少なくとも3か月に1回以上のペースで弁済していくことができるだけの収入を得る見込みがあることを意味すると解されています。

給与所得者・公務員など

たとえば,給与所得者・サラリーマン・公務員のように「継続的に」給料が支払われるような場合には,収入の安定性に関しては,ほとんど問題とならないでしょう。

あとは,再生計画における弁済額を支払うだけの収入があるのかという金額の問題だけです。

個人事業者

これに対して,個人事業者・自営業者の場合には,収入が月によって異なるということもあり得ます。収入が多い月もあれば,少ない月もあるでしょう。

このような場合でも,毎月定期的とまではいえないとしても,収入が継続的または反復して入ってくる確実な見込みがあるということであれば,収入の安定性を満たしていると判断される可能性はあります。

どの程度の頻度であれば反復して収入があるといえるのかというのは,個々の事情によって異なってきます。

たとえば,1年に1回収入があるというような程度では,その金額にもよりますが,反復して収入があるといえると判断するのは,なかなか難しい場合もあるでしょう。

前記のとおり,少なくとも3か月に1回以上のペースで弁済していくことが必要なのですから,それが可能な程度にの間隔で収入が入ってくる方が,「継続的に又は反復して収入を得る見込み」があると認められやすいでしょう。

アルバイト・パートなど

アルバイトやパートの場合,雇用期間が正規労働者よりも不確定な面があります。

現時点では継続的・反復した収入があるとしても,それが将来(少なくとも再生計画に基づく弁済期間中)においても継続しているという見込みが必要となってきます。

そのため,アルバイト,契約社員,入社したばかりであるというような場合には,将来においても継続的・反復した収入が続いていくのかということが問題となることもあります。

※あくまで問題となることがあり得るということです。アルバイト,契約社員,新入社員であっても,継続的・反復した収入の見込みがあると判断されることはあります。

小規模個人再生と給与所得者再生の違い

個人再生には,小規模個人再生と給与所得者等再生という2種類の手続がありますが,このいずれについても,「債務者が継続的に又は反復して収入を得る見込み(収入の安定性)」は必要となってきます。

特に,給与所得者等再生は,返済総額こそ小規模個人再生よりも高額になりますが,再生債権者の同意が不要とされています。

つまり,再生債権者の意向に左右されずに強制的に債務減額や分割払いを実現できる手続であるため,小規模個人再生の場合よりも,より厳格な収入の安定性が求められます。

給与所得者等再生という名称からも明らかなとおり,給与所得者等再生の場合には,継続的な収入が得られる見込みの特に高い給与所得者などの方しか利用できない手続であるということです。

具体的にいうと,給与所得者等再生の場合には,単に継続的・反復した収入の見込み・収入の安定性があるというだけでは足りず,さらに,「給与またはこれに類する定期的な収入を得る見込み」があり,かつ,「定期的な収入の額の変動の幅が小さいこと」が必要とされています。

定期的な収入の変動の幅が小さいかどうかは,おおよそ変動率20パーセント程度を一応の目安とするとされています。

個人再生における収入の安定性に関連する記事

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

個人再生のことならLSC綜合法律事務所にお任せください

個人再生手続を利用することができるのか,個人再生をするためにはどのくらいの収入の安定性が必要なのかなどについて,実際に弁護士に相談したいという方がいらっしゃいましたら,個人再生の実績豊富な東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談ください。個人再生のご相談は無料です。

ご予約のお電話は【 042-512-8890 】です。お待ちしております。

※ご来訪相談となります。お電話・メールによるご相談は承っておりませんので,予めご了承ください。

>> 個人再生申立ての経験豊富な弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ