債務整理・過払い金返還請求ネット相談室イメージ

個人再生の申立て

個人再生の再生計画案に提出期限はあるのか?

個人再生においては,再生債務者が自ら再生計画案を作成し,それをあらかじめ指定された提出期限までに裁判所に提出しなければなりません。ここでは,この個人再生における再生計画案の提出手続について,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

個人再生の再生計画案

個人再生においては,再生債務者が自ら「再生計画案」を策定しなけばなりません。

この再生計画案が裁判所によって再生計画として認可されることによってはじめて,その計画に従って弁済をしていけばよいことになり,債務の減額や分割払いへの変更が可能となるのです。

もっとも,再生計画案はいつ提出してもよいわけではありません。それでは,債権者は再生債務者が再生計画案を作成するまでいつまでも待ち続けていなければならなくなってしまうからです。

再生計画案の提出期限は,あらかじめ裁判所によって指定されます。そして,その期限までに提出しなければ,個人再生手続は廃止となります。

再生手続が廃止されるというのは,要するに,再生手続が再生計画認可に至る前に終了させられてしまうということです。

>> 個人再生の再生計画案とは?

再生計画案の提出期限

民事再生法 第163条 第1項

再生債務者等は,債権届出期間の満了後裁判所の定める期間内に,再生計画案を作成して裁判所に提出しなければならない。

民事再生規則 第84条 第1項

法第163条(再生計画案の提出時期)第1項に規定する期間の末日は,特別の事情がある場合を除き,一般調査期間の末日から二月以内の日としなければならない。

民事再生規則 第130条

小規模個人再生における第84条(再生計画案の提出時期)第1項の規定の適用については,同項中「一般調査期間の末日から」とあるのは,「一般異議申述期間の末日から」とする。

民事再生規則 第140条

第114条(債権者一覧表の記載事項等),第115条(住宅資金特別条項を定めた再生計画案を提出する意思がある場合の特則),第117条から第126条まで(個人再生委員,再生債権の届出の方式,再生債権に関する資料の送付,届出再生債権を記載した書面,異議の方式,特別異議申述期間を定める決定等の送達,異議の撤回,債権者一覧表等の副本等による閲覧等,再生債務者による債権者一覧表等の開示,異議の通知及び再生債権の評価の申立ての方式等),第128条から第130条の2まで(財産目録の記載の簡略化,再生債務者による財産目録等の開示,再生計画案の提出時期及び再生計画により変更されるべき権利等を記載した書面)及び第132条から第134条まで(再生計画変更の申立ての方式等、計画遂行が極めて困難となった場合の免責の申立ての方式及び再生手続廃止の申立ての方式)の規定は,給与所得者等再生について準用する。この場合において,第130条の2第2項中「第二百130条(再生計画案の決議)第4項」とあるのは,「第240条(再生計画案についての意見聴取)第2項」と読み替えるものとする。

再生債務者は「債権届出期間の満了後裁判所の定める期間内に,再生計画案を作成して裁判所に提出しなければならない。」とされています(民事再生法163条1項)。

そして,この裁判所の定める期間の末日は,個人再生の場合(小規模個人再生・給与所得者等再生のいずれも同様。),特別の事情がある場合を除き,一般異議申述期間の末日の末日から2か月以内の日とされてます(民事再生規則84条1項,130条,140条)。

具体的な再生計画案提出期限は,再生手続開始決定と同時に,裁判所によって決められることになります。

例えば,東京地方裁判所立川支部も同様)の場合ですと,再生計画案提出期限は,個人再生の申立てから18週間後(個人再生手続開始決定から14週間後)の特定の日が指定されるのが通常です。

>> 個人再生手続の流れ

提出期限の伸長

民事再生法 第163条 第3項

裁判所は,申立てにより又は職権で,前二項の規定により定めた期間を伸長することができる。

前記のとおり,再生計画案の提出については厳格に提出期限が定められていますが,例えば,再生債権者や住宅ローン債権者などとの協議に時間がかかるなどの理由から,提出期限内に再生計画案を提出することが難しいという場合もないわけではありません。

そこで,再生債務者は,再生計画案の提出期間伸長の申立てをすることができ,申立てに理由があると認められる場合には,裁判所は再生計画案提出期間を伸長することができるとされています(民事再生法163条3項)。

ただし,再生計画案提出期間伸長の申立てをすれば,必ず伸長が認められるわけではありません。当然,期限を延ばしてもらうだけの正当な理由が必要となってきます。

例えば,住宅ローン債権者との協議中であるとか,再生債権評価手続が長引いているなどの理由が必要です。単に提出期限を失念していたというだけでは,伸長の申立ては認められないでしょう。

提出期限を渡過してしまった場合

民事再生法 第191条

次の各号のいずれかに該当する場合には,裁判所は,職権で,再生手続廃止の決定をしなければならない。
① 決議に付するに足りる再生計画案の作成の見込みがないことが明らかになったとき。
② 裁判所の定めた期間若しくはその伸長した期間内に再生計画案の提出がないとき,又はその期間内に提出されたすべての再生計画案が決議に付するに足りないものであるとき。
③ 再生計画案が否決されたとき,又は第172条の5第1項本文及び第4項の規定により債権者集会の続行期日が定められた場合において,同条第2項及び第3項の規定に適合する期間内に再生計画案が可決されないとき。

民事再生法 第243条

給与所得者等再生において,次の各号のいずれかに該当する場合には,裁判所は,職権で,再生手続廃止の決定をしなければならない。
① 第241条第2項各号のいずれにも該当しない再生計画案の作成の見込みがないことが明らかになったとき。
② 裁判所の定めた期間若しくはその伸長した期間内に再生計画案の提出がないとき,又はその期間内に提出された再生計画案に第241条第2項各号のいずれかに該当する事由があるとき。

前記のとおり,裁判所の指定する再生計画案提出期限(提出期間を伸長した場合はそれにより伸長された提出期限)を渡過してしまった場合,小規模個人再生・給与所得者等再生のいずれであっても,再生手続は廃止されます(民事再生法191条2号,243条2号)。

再生計画が認可されるかどうかを判断するまでもなく,個人再生の手続が終了させられてしまうということです。

実際に,個人再生の手続においても,再生計画案の提出期限を渡過したために手続廃止となったケースがあるとのことですので,提出期限には十分に注意しておく必要があるでしょう。

個人再生の再生計画案の提出期限に関連する記事

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

個人再生のことならLSC綜合法律事務所にお任せください

個人再生(個人民事再生)における再生計画や再生計画案の作成などについて,実際に弁護士に相談したいという方がいらっしゃいましたら,個人再生の実績豊富な東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談ください。個人再生のご相談は無料です。

ご予約のお電話は【 042-512-8890 】です。お待ちしております。

※ご来訪相談となります。お電話・メールによるご相談は承っておりませんので,予めご了承ください。

>> 個人再生申立ての経験豊富な弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ