債務整理・過払い金返還請求ネット相談室イメージ

債務整理(全般)

借金返済の問題の法的な解決方法とは?

借金返済・多重債務の問題は,法的な解決が可能です。法的な解決方法のことを「債務整理」と呼んでいます。

借金返済でお悩みの方。借金返済の問題には法的な解決方法があります。ここでは,この借金のお悩みを解決する方法についてご説明いたします。

借金返済・多重債務の問題

筆者が弁護士となって驚いたことの1つに借金の問題があります。こんなにみんな借金で苦しんでいる人が多いのかということに驚きました。おそらく,一般の人が思っている以上に多くの人が借金に苦しんでいます。

いったん借金の支払いが厳しくなると,生活は次第に追い詰められていきます。経済的に追い詰められると,精神的にも追い詰められてしまいがちです。

しかも,なかには非常に厳しい取り立てをする相手方もいますから,そうなると,さらに精神的に追い詰められてしまいます。

そこで,借金を返すために他の金融業者から借金をするという悪循環が始まります。まさに,「自転車操業」となってしまうわけです。

このように,複数の業者からの借金を抱えていることを「多重債務」と言うことがあります。そして,多重債務を背負っている人のことを「多重債務者」と言うことがあります。

多重債務状態となると,自力で解決することは困難です。そのため,経済的にも精神的にも窮地に立たされていると感じてしまうようになります。

「自殺も考えた」というのは,決して冗談ではないでしょう。現に,当事務所にご相談・ご依頼いただいた方の中にも,そういう人はいます。精神的に追い込まれ,うつ病などになってしまった人も大勢います。

さらに,貸金業法の改正により,現在では,年収の3分の1を超える借入れができなくなっています。そのため,借りて返すということさえできなくなり,返済ができなくなっていくということが起きています。

>> 多重債務とは?

サラ金・クレジットカード会社からの借金

ひとくちに借金返済の問題といっても,いろいろなものがあるかと思いますが,なかでも多いのは,やはり,サラ金やクレジットカード会社からの借金が返せなくなるというものではないでしょうか。

サラ金(消費者金融)やクレジットカード会社(信販会社)などは,かつて,利息制限法の制限を超える高い利率で貸付を行っていたことがありました。

現在では,貸金業法等の改正により,利息制限法所定の制限利率を超えるような利息で貸付けを行ったり,過剰に融資する業者はかなり減りました。とはいえ,決して低くない利率です。

以前よりはかなり減ってきていますが,現在でも,まだクレジット・サラ金会社からの借入れによって返済が苦しいという方は後を絶ちません。

このクレジット・サラ金会社からの借入れの問題を,「クレサラ問題」とか「サラクレ問題」とか呼ぶことがあります。

>> クレサラ問題(サラクレ問題)とは?

銀行カードローンによる借金

最近では,サラ金やクレジットカード会社からの借金だけでなく,銀行カードローンからの借金も多くなっています。

銀行カードローンの場合,サラ金などと異なり,貸金業法の規制を受けません。貸金業法の規制を受けないということは,総量規制などの制限がないということです。

しかも,銀行は貸付に際してサラ金やクレジットカード会社を保証会社としてしており,仮に,貸付けが焦げ付いても,保証会社から支払いを受けることができるため,銀行自体は大きなダメージを受けないようになっています。

そのため,事案によっては,かつての貸金業者のように過剰融資ではないかと思われる事案も散見されており,むしろ,現在では,このカードローンによる過剰融資の方が問題視されているくらいです。

実際,最近の事案では,銀行カードローンによる多重債務となっている方が少なくありません。

住宅ローンによる借金の増大

上記のほか,最近多く見られるのは,住宅ローンの問題です。

住宅を購入したのは良いものの,その後のリーマンショックや震災などによる不景気で収入が減少し,住宅ローンを支払い続けることができなくなってしまうというものです。

住宅ローンの支払いが厳しくなったにもかかわらず,自宅を残したいという思いから,無理をして他の金融機関などから借入てをして,その結果,多重債務に陥ってしまうことがあるのです。

>> 住宅ローンによる借金の増大の問題とは?

借金返済・多重債務問題の法的解決方法

前記のとおり,借金・多重債務問題が深刻化すると,経済的に圧迫され,精神的にも非常に苦しいことになってしまい,自殺などを考えるというようなことすらあり得ます。

確かに,かつてほど借金問題がクローズアップされることは少なくなりました。しかし,現在でも借金問題に苦しんでいる方は少なくありません。借金の問題は現在進行形で進んでいるのです。

しかし,借金返済・多重債務の問題は,法律によって解決することができます。借金返済・多重債務問題の法的な解決方法のことを「債務整理(さいむせいり)」といいます。

借金返済・多重債務の問題は,勇気と覚悟さえあれば,必ず解決できる問題です。あきらめる必要はまったくないのです。

>> 債務整理とは?

債務整理の種類

債務整理は,借金返済・多重債務問題を解決するための法的解決方法の総称です。債務整理の方法としては,具体的には「任意整理」「自己破産」「個人再生」などがあります。

任意整理とは,弁護士が債権者と裁判外で交渉し,生活を立て直せるような返済計画に変更してもらうという手続です。

これに対して,自己破産と個人再生は,裁判手続です。

自己破産は,自由財産と呼ばれる財産を除く財産を換価処分して債権者に配当し,それでも支払い切れない債務の支払い義務を免責してもらうという裁判手続です。

個人再生は,債務全額まで免責されませんが,借金を最大で10分の1にまで減額した上で,3年から5年の分割払いにする再生計画を立案し,それを裁判所に認可してもらうという裁判手続です。

利息制限法の制限利率を超える利息を支払い続けていた場合,払い過ぎた分を「過払金」として返還してもらえることがあります。これも,債務整理の一種と言えるかもしれません。

これらの他にも,事情によっては,消滅時効の援用相続の放棄・限定承認などによって債務整理をすることもあります。

>> 債務整理の方法にはどのような種類があるのか?

弁護士による借金返済・債務整理の無料相談

上記のとおり,債務整理には様々な方法があります。しかし,これらの各手続は,それぞれ要件が異なる上,メリット・デメリットも手続ごとに異なります。どれを選べばよいかは,個々の事情によって異なってきます。

最も最適な債務整理の方法を選択するためには,法的な知識や経験が必要となってきます。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,これまでに2500件以上の債務相談をおうかがいし,破産管財人や個人再生委員の経験もある弁護士による債務整理の「無料相談」を実施中です。

まずはご相談ください。

>> 弁護士による借金返済・債務整理の無料相談

借金返済問題の法的解決方法に関連する記事

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

債務整理のことならLSC綜合法律事務所にお任せください

債務整理に強い弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,債務整理のご相談実績2500件以上,破産管財人や個人再生委員の経験もある,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

債務整理のご相談は「無料相談」です。まずはご相談ください。

※なお,お電話・メールによるご相談は承っておりません。弊所にご来訪いただいてのご相談となりますので,あらかじめご了承ください。

>> 債務整理に強い弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

LSC綜合法律事務所ロゴ

所在地
〒190-0022東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話
042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ