債務整理・過払い金返還請求ネット相談室イメージ

債務整理(全般)

住宅ローンによる借金の増大の問題とは?

近時は,借金を増大させてしまう原因が「住宅ローン」であるという場合が増えてきています。ここでは,この住宅ローンによる借金増大の問題についてご説明いたします。

住宅ローン

住宅ローンは,不動産の購入には必須のシステムです。不動産を購入する人の大半が,この住宅ローンを利用していると思います。

どういうシステムかと言うと,銀行等が住宅購入者に住宅購入資金を貸し付けます。

購入者は,その貸付金を住宅の売り主に支払い,住宅を手に入れます。そして,購入者は,その貸付金を銀行に対して長期の分割で返済していきます。

その際,銀行等は,貸付金の担保として,その住宅に抵当権を付けます。つまり,返済が滞ったら,銀行等は,競売によって住宅を売りに出すことができるのです。

それによって,銀行等は,貸付金の回収を図ることができるのです。

住宅ローンのリスク

前記のように,住宅ローンは,非常に便利な制度です。しかし,不動産という高額商品を購入するのですから,当然リスクもあります。

まず,毎月の支払いは,決して安くはありません。場合によっては,月々何十万も支払わなければならないことになります。生活のために組んだ住宅ローンが,かえって生活を圧迫することがあるのです。

バブル全盛期には,多くの人が住宅を購入しました。当時は好景気ですから,収入も安定し,ボーナスもかなり出ていたはずです。

そのため,住宅ローンの支払いもさほど苦ではなかったのだと思います。不動産も高騰していましたから,最悪売れば何とかなるという状態だったのです。

また,不動産価値が下がらなかったのでローンの組みなおしも可能だったようです。

ところが,バブルが崩壊し,収入は不安定となり,さらに,ボーナスも出なくなります。そうなると,住宅ローンを支払うことが苦しくなってきます。

また,不動産の価値も大幅に下落していきます。したがって,売れば何とかなるという状態ではなくなります。住宅を売っても,多額の住宅ローンだけは残ってしまうのです。

特に,ボーナス月に多く支払うというタイプのローンがやっかいです。当たり前ですが,このボーナス払いは,ボーナスが出ることを前提としています。

ということは,ボーナスが出なかったときが大変になることは目に見えてきます。

ボーナスは出ない,しかし,ボーナスが出ることを見越した金額を支払わなければならないということになりますから,このタイプのローンが支払えずに住宅を手放すという人が非常に多くなってきています。

住宅ローンによって支払不能となってしまうパターン

住宅ローンの負担が大きくなってきた場合であっても,早期に住宅を手放せば,傷は浅くて済みます。基本的に,住宅は時間とともに価値が下がっていくものですから,早く売った方が高く売れるのです。

したがって,住宅を売却するのが早ければ早いほど,多くの返済をすることができるので,傷は浅くて済むというわけです。銀行等も,住宅を売ってある程度回収できれば,妥協案に応じてくれます。

しかし,そうもいかないのが人情です。住宅を購入するということは,重大な,一生にそうあるわけではない大きな買い物です。

せっかく買った住宅を手放すのは惜しいに決まっていますから,住宅を守るために,貸金業者など他の業者から借入をして住宅ローンを支払うことになります。

そうやっているうちに,結局,債務が膨れ上がっていってしまいます。住宅ローンが,多重債務の原因となってしまうのです。

このような住宅を手放したくないという思いが,住宅ローンの一番の問題かもしれません。

このサイトがお役にたてたらシェアお願いいたします。

LSC綜合法律事務所のご案内

債務整理に強い弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,債務整理のご相談実績2000件以上の実績がある,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

>> 弁護士による債務整理の無料相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ