債務整理・過払い金返還請求ネット相談室イメージ

債務整理(全般)

債務整理の各手続に共通するデメリットとは?

債務整理は借金返済の問題の解決のための法的手段です。しかし,債権者との公平の観点から若干のデメリットがあることは確かです。ここでは,この債務整理共通のデメリットについてご説明いたします。

債務整理共通のデメリット

借金返済の問題の法的解決方法のことを,総称して債務整理と呼びます。債務整理には,自己破産個人再生任意整理過払い金返還請求などの手段があります。

しかし,債務整理は,債権者に負担を強いることも事実です。債権者の協力なくして債務整理を行うことはできません。公平の観点からすれば,ある程度,債務者側も負担を負うものでなければ,債権者の理解や協力を得ることはできないでしょう。

そのため,債務整理をする場合,債務者側に若干のデメリットが存在します。したがって,債務整理をするにあたっては,そのデメリットについても十分に理解しておく必要があります。

債務整理には,自己破産・個人再生・任意整理といった各手続がありますが,これらはそれぞれデメリットも異なってきます。しかし,これらの手続すべてに共通するデメリットというものがあります。それは,いわゆる「ブラックリスト」に登録されてしまうということです。

ブラックリスト(信用情報)への登録

債務整理をするということは,少なくとも,約定どおりの返済をすることができなかったという点は間違いありません。したがって,債務整理をするということは,金銭的な面において,債権者の信用を失うということでもあります。

金融機関は,貸付・融資に際して,その相手方の金銭面での信用を調査していますが,その与信調査の方法として,信用情報機関に登録してある信用情報を利用しています。

信用情報機関とは,金銭面での信用性に関する情報を蓄積する機関です。

現在では,貸金業者等はこの信用情報機関に必ず加盟しなければならないことになっていますが,貸金業者だけでなく,銀行等やローン会社も含めほとんどの金融機関がこの信用情報機関に会員として参加しています。

信用情報機関は,各会員からの情報提供をもとにして,個人の信用情報をすべて蓄積しています。例えば,どれだけの借入れをしているのか,滞納をしたことはないか,債務整理手続をしたことはないかなどの情報がこの機関に集約されているということです。

この信用情報機関に参加している金融機関は,信用情報機関から,取引の相手方となる個人の信用情報を取得することができます。そして,それをもとに融資や貸付を行うかどうかを判断しているのです。

信用情報には,事故情報と呼ばれる情報があります。つまり,滞納や債務整理をしたことがあるなどといった,約定どおりの返済ができなかったという金銭面での信用を疑わせるような情報のことです。いわゆる「ブラックリスト」です。

債務整理をした場合,このブラックリストに登録されることになります。

そして,ブラックリストに登録されると,新規の貸付けや融資の審査がほとんど通らなくなってしまうので,新規融資・貸付を受けることが非常に困難になります。また,同様に,クレジットでのショッピングやローンを組むことなども非常に困難になります。

したがって,弁護士等を介入させて債務整理を行うという場合には,このブラックリストに登録され,以後しばらくの間は借入れやカードでの買い物,あるいはローンを組んで何かを買うということはできなくなるという覚悟は必要となります。

もっとも,今後借入れ等ができないことと,支払いきれない借金を抱えて不安な毎日を過ごしていくこととを比べれば,どちらが自分にとって良いことなのかは,歴然だと思います。

また,借金返済で苦しんできたのですから,借金ができなくなるということは,生活を立て直すチャンスともいえますので,デメリットとして捉えるかどうかは考え方一つであるともいえます。

むしろ,自分で借入れをすることを自制しきれない人などは,強制的に借入れができなくない状態になったことを喜ばれることがあるくらいです。

なお,過払い金返還請求をした場合には,ブラックリストに登録されることはありません。あくまで,借金の残高がある場合に債務整理をしたときに,ブラックリストに登録されるということです。

闇金からの勧誘に注意

このように債務整理をすると借入れができなくなります。ヤミ金は,そこにつけ込んできます。つまり,債務整理をしているのでよその金融機関からは借りれないかもしれないけれど,うちならお金を貸してあげますよ,と勧誘してくるのです。

自己破産や個人再生の場合には,債務者の氏名・住所が官報に掲載されるので,それで氏名・住所を調べて,ダイレクトメールなどを送りつけてくる場合が多いです。

また,雑誌などにデカデカと「債務整理後でも貸します」などと書いている場合もあります。ネットでもそういうサイトがあるようです。

この誘いには絶対に乗らないで下さい。 せっかく債務整理をしているのにすべてが無になってしまうおそれがあります。 また,悪質な連中ですから,平穏な生活を破壊される危険性もあります。くれぐれも気をつけましょう。

個々の手続のデメリット

債務整理の個々の手続(自己破産・個人再生・任意整理)については,それぞれ個別のデメリットがあります。これら個々のデメリットについては,以下のページをご覧ください。

このサイトがお役にたてたらシェアお願いいたします。

LSC綜合法律事務所のご案内

債務整理に強い弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,債務整理のご相談実績2000件以上の実績がある,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

>> 弁護士による債務整理の無料相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ