サイトマップ

債務整理(全般)

債務整理によるブラックリスト登録の期間はどのくらいか?

債務整理をすると,自己破産・個人再生・任意整理いずれであっても,「ブラックリスト」に登録されます。一生ブラックリストに登録されたままではありませんが,任意整理の場合は任意整理による返済の完了から5年間ほど,自己破産の場合は裁判所による破産手続開始決定日から10年間ほど,個人再生の場合は再生手続開始決定日から10年間ほど,ブラックリストを削除できないと考えておいた方がよいでしょう。

ここでは,この債務整理によるブラックリスト登録の期間はどのくらいかについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

債務整理によるブラックリストへの登録

債務整理自己破産個人再生任意整理)に共通するデメリットとして,信用情報に事故情報(いわゆるブラックリスト)が登録されることが挙げられます。

このブラックリストに登録されると,新たに金融機関や貸金業者から借入れをしたり,クレジットカードを利用したり,ローンを組むことが非常に難しくなります。

ただし,債務整理をしたことによりブラックリストに登録されたとしても,一生登録されたままというわけではありません。一定期間が経過すると削除が可能です。

どのくらいで削除可能になるかは,どの債務整理手続きを行ったのかによって異なってきます。

なお,過払金返還請求を行っただけでは,ブラックリストに登録されません。

>> 債務整理によるブラックリストへの登録とは?

任意整理の場合の登録期間

任意整理は,弁護士が代理人として債権者と交渉し,返済条件を変更してもらう裁判外での手続です。そのため,官報に公告されることはありません。

信用情報機関のうち株式会社シー・アイ・シー(CIC)の場合は,契約終了から5年間情報を保有するとのことですので,任意整理による返済の完了から最長5年間ほどは事故情報が登録されることになります。

株式会社日本信用情報機構(JICC)の場合も,契約継続中及び契約終了後5年以内の期間情報を保有するとのことですので,任意整理による返済の完了から最長5年間ほどは事故情報が登録されることになります。

全国銀行個人信用情報センター(KSC)の場合も,契約期間中および契約終了日(完済されていない場合は完済日)から5年を超えない期間情報を保有するとのことですので,任意整理による返済の完了から最長5年間ほどは事故情報が登録されることになります。

したがって,任意整理の場合は,任意整理による返済の完了から5年間ほどは,事故情報を削除できないと考えておくべきでしょう。

>> 任意整理とは?

自己破産の場合の登録期間

自己破産は,裁判所から免責を許可してもらうことにより,借金・債務の支払義務を免除してもらえる裁判手続です。自己破産をしたことは,官報に公告されます。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)の場合,裁判所による免責許可決定が確認できた会員会社によるコメントが登録された報告日から5年間は事故情報が登録されることになります。

株式会社日本信用情報機構(JICC)の場合は,契約継続中及び契約終了後5年以内の期間情報を保有するとのことですので,免責許可決定から最長5年間ほどは事故情報が登録されることになると思われます。

全国銀行個人信用情報センター(KSC)の場合は,破産手続開始決定日から10年間ほどは事故情報が登録されることになります。

上記のとおり,信用情報機関によって期間が異なりますが,各信用情報機関では情報交流が行われているため,登録期間は最長のものを基準として考えておいた方がよいでしょう。

したがって,自己破産の場合は,裁判所による破産手続開始決定日から10年間ほどは,事故情報を削除できないと考えておくべきでしょう。

>> 自己破産とは?

個人再生の場合の登録期間

個人再生は,裁判所から再生計画を認可してもらうことにより,借金・債務の減額等を実現できる裁判手続です。個人再生をしたことは,官報に公告されます。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)の場合,民事再生したこと自体は掲載されませんが,契約終了から5年間情報を保有するとのことですので,個人再生による返済の完了から最長5年間ほどは延滞等の事故情報が登録されることになります。

株式会社日本信用情報機構(JICC)の場合は,契約継続中及び契約終了後5年以内の期間情報を保有するとのことですので,個人再生による返済の完了から最長5年間ほどは延滞等の事故情報が登録されるものと思われます。

全国銀行個人信用情報センター(KSC)の場合は,個人再生手続開始決定日から10年間ほどは事故情報が登録されることになります。

前記のとおり,登録期間は最長のものを基準として考えておいた方がよいため,個人再生の場合は,裁判所による個人再生手続開始決定日から10年間ほどは,事故情報を削除できないと考えておくべきでしょう。

>> 個人再生とは?

ブラックリスト削除後の新たな借入れ等の可否

前記のとおり,債務整理によってブラックリストに登録されたとしても,5年間~10年間ほどで登録を削除できます。

ただし,ブラックリストを削除したからと言って,必ず新たな借入れ等ができるようになるわけではありません。ブラックリストに載っている情報が理由で審査に通らないということがなくなっただけです。

新たな借入れ等ができるかどうかは,実際に借入れ等をする時の収入状況や業者側が個別に情報を保有しているかどうかによります。

そもそも借金で苦しんで債務整理までしているのですから,新たに借入れ等をすることはできる限り避けた方がよいでしょう。

ブラックリスト登録に関連する記事

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

債務整理のことならLSC綜合法律事務所にお任せください

債務整理に強い弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,債務整理のご相談実績2500件以上,破産管財人や個人再生委員の経験もある,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

債務整理のご相談は「無料相談」です。まずはご相談ください。

※なお,お電話・メールによるご相談は承っておりません。弊所にご来訪いただいてのご相談となりますので,あらかじめご了承ください。

>> 債務整理に強い弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

LSC綜合法律事務所ロゴ

所在地
〒190-0022東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話
042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ