サイトマップ

任意整理

任意整理で経過利息・将来利息は免除(カット)されるか?

任意整理においては,経過利息と将来利息を免除(カット)してもらえる場合があります。ここでは,この経過利息と将来利息について,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

任意整理における利息のカット

任意整理においては,利息遅延損害金をカットしてもらい,元本のみで分割払いの合意等をしてもらうように交渉をするのが一般的です。

債務整理をするということは,すでに支払いが困難な状態になっているということです。

それでも何とか返済をしようというわけですから,利息まで支払わなければならないというのでは,債務者の経済的更生を阻害するおそれがあります。

すなわち,利息の利率が高いと,当然,借金の返済はますます困難になります。

例えば,利率が年28パーセントだと,100万円借りれば,借金の元本の他に1年のうちに余分に利息28万円支払わなければならなくなり,これを1月に換算すれば,実に毎月2万3000円近く支払わなければいけないということになります。

任意整理の目的は,債務者の方にできる限り無理を強いないような返済計画を債権者との間で合意することが目的ですから,和解後もこのような利息をつけてしまうと,その目的が達せられないおそれがあります。

また,債権者にとってみても,本来であれば自己破産個人再生によって大幅に返済が減少する可能性があるところ,債務者による任意整理が上手くいけば,自己破産や個人再生の場合以上の返済を受けることができるようになるわけですから,メリットがあるといえます。

そのような観点から,任意整理においては,長期の分割払いだけでなく,同時に利息も免除(カット)してもらうように交渉することになります。

経過利息と将来利息

この利息には,2つの種類があります。

1つは,経過利息です。これは,債務整理の受任通知を送付してから(つまり,返済を停止してから)債権者との間で和解が成立するまでに発生している利息(又は遅延損害金も含める場合もあります。)のことをいいます。

もう1つは,将来利息です。これは,債権者との間で和解が成立してから任意整理に基づいて完済するまでの間に発生する利息のことです。

任意整理においては,上記の経過利息・将来利息のいずれもカットしてもらうように交渉することになります。

債権者の対応

前記の経過利息や将来利息をカットしてもらえるかどうかは,貸金業者によって異なってきます。近時は,貸金業者の体力が衰えてきていることもあって,利息のカットに応じないという貸金業者が増えてきました。

経過利息も将来利息もカットに応じないという場合もあれば,将来利息はカットしてもよいが経過利息はカットしないという貸金業者もあります。

特に,経過利息はカットしないという貸金業者はかなり増えてきていますので,注意が必要です。

任意整理のことならLSC綜合法律事務所にお任せください

任意整理をお考えの方がいらっしゃいましたら,債務整理のご相談実績2000件以上の,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

>> 弁護士による債務整理の無料相談のご案内

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

このサイトがお役にたてたらシェアお願いいたします。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ