サイトマップ

任意整理

任意整理では何回までの分割払いとなるのか?

任意整理においては,借金について長期の分割払いにしてもらうことが通常です。ここでは,この任意整理における分割払いについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

任意整理における分割払い

任意整理は,弁護士等が債務者の方に代わって債権者と交渉して,債務者の方の生活を立て直せるような,無理のない返済条件を債権者との間で合意するというものです。

具体的にいうと,債権者との間で,毎月支払っても無理のない程度の金額での長期の分割払いにしてもらうというのが,通常の合意の内容となります。

長期の分割払いにしてもらうことができれば,毎月の返済金額は減額されることになるのが通常ですから,それまでよりも大分返済が楽になり,生活を再建することが可能となってきます。

ただし,すでに約定で相当長期の分割払いになっているという場合には,任意整理をした方が毎月の返済金額が大きくなってしまうという場合もあり得ます。

その場合には,自己破産個人再生などを利用するか,場合によっては債務整理をしないという選択肢もあり得るでしょう。

>> 任意整理とは?

任意整理における分割払いの回数

任意整理においては,前記のとおり,分割払いにしてもらうのが通常の方法ですが,問題は,どの程度までの分割払いの回数にしてもらえるかという点です。

一般的に,任意整理における分割払いの回数は36回が基準となります。1月に1回返済するとすると,3年間の長期分割払いにしてもらうということです。

その点からすると,任意整理ができるのかどうかの判断基準も,借金の総額(引き直し計算をした後の金額です。)を36で割り,その金額を毎月支払っていけるのかどうかというところになるかと思います。

例えば,毎月3万円ずつであれば,通常の生活をしながらでも支払っていけるということになると,借金総額が 3万円×36=108万円 であれば,任意整理の可能性があるということになります。

もちろん,36回以上の分割払いが認められるという場合もあります。100回以上の分割払いが認められたということも無いわけではありません。

ただし,近時は,貸金業者の体力が無くなってきていることもあり,36回以上の分割払いはなかなか難しくなってきているのが現状です。

したがって,まずは36回の分割払いが可能かどうかを検討し,それが難しいようであれば,任意整理以外の債務整理手続(自己破産や個人再生)を検討しなければならないという場合もあります。

また,貸金業者のなかには,分割払いは絶対に認めない,一括払いでなければ話し合いに応じないという強硬な業者がいることも確かです。

そのような貸金業者が債権者に含まれているという場合には,やはり自己破産や個人再生を検討しなければならなくなるでしょう。

このサイトがお役にたてたらシェアお願いいたします。

任意整理のことならLSC綜合法律事務所にお任せください

任意整理をお考えの方がいらっしゃいましたら,債務整理のご相談実績2000件以上の,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

>> 弁護士による債務整理の無料相談のご案内

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ