サイトマップ

任意整理

任意整理の支払いに領収書などは発行されるのか?

任意整理において和解が成立した場合には,その後和解に従って返済を開始していくことになります。ここでは,この任意整理における支払いをした場合に領収書等は発行されるのかについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

任意整理の返済の支払い方法

任意整理における和解後の支払いの方法としては,債権者が指定した銀行口座への振込みの方法と持参払いの方法とが考えられます。

もっとも,弁護士による任意整理の場合,支払いの方法は振り込みによるのが一般的,というよりもほとんどだと思います。

>> 任意整理における和解

支払いの証拠を残す必要性

せっかく借金を任意整理して,ちゃんと支払いを続けていっても,あとで債権者から支払いを受けていないなどとクレームを受けては大変です。

そのため,和解に基づいてちゃんと支払っているという証拠を残しておくことが,絶対に必要となってきます。

振込の方法で支払う場合,窓口で行う場合であれ,ATMで行う場合であれ,いずれにしろ振込証明書が発行されるはずです。これを証拠として残しておけば問題ありません。

自分の銀行口座を使って振込をする場合であれば,振込の記録は通帳に残ります。したがって,これも記帳しておけば証拠として残すことができます。

問題となるのは借金の持参払いの場合です。この場合は上記のような証拠が残らないので,支払った場合には,必ず領収書をもらうようにしておくべきでしょう。

なお,任意整理をして全部支払い終わった場合には,債権者から完済証明書を発行してもらうようにすれば,さらに完璧です。

支払いの領収書等の発行

前記のように,領収書を残すか残さないのかという問題は,債権者よりも,むしろ債務者の側にとって重大な問題です。

したがって,債務者の方から領収書を発行してくれと請求しない限り,債権者の方がすすんで領収書等を発行してくれるようなことはないのが通常です。

ですので,領収書の発行等によって同居の家族等に任意整理をしたことがばれてしまうというおそれは無いと思っていて大丈夫だと思います。ただし,これは債権者によって対応が異なります。絶対とは言い切れません。

むしろ良心的な債権者ほど,頼んでいないのにちゃんと領収書等を発行してくれるという場合があります。

心配な場合には,任意整理を依頼した弁護士等から債権者に対し,領収書を発行するのかどうかを聴いてもらい,発行するという場合には,領収書等は発行しなくてよい旨を伝えてもらうなどの措置をとってもらうと良いと思います。

なお,私の経験上,ほとんどの業者は,債務者のところではなく,代理人弁護士のところに完済証明書の送付や契約書の返送をしてきています。

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

LSC綜合法律事務所のご案内

任意整理をお考えの方がいらっしゃいましたら,債務整理のご相談実績2000件以上の,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

>> 弁護士による債務整理の無料相談のご案内

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ