サイトマップ

任意整理

生活保護給付を受給中でも任意整理できるか?

生活保護給付を受けている場合でも借金がなくなるわけではありません。そのため,何らかの債務整理をしなければならない場合があります。ここでは,生活保護給付を受給中でも任意整理できるのかについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

生活保護受給中の任意整理の可否

生活保護を受給中だけれども,少しでも返済したいので任意整理をしたいという人が少なからずいらっしゃいます。

生活保護受給中に任意整理をするということは,生活保護の給付金を借金の返済に充てるということですから,そもそもそういうことが許されるのかということが問題となります。

役所の生活保護課等の職員の中には,生活保護は生活を安定させるために特別に支払われる金銭なので,生活費にしか使えず,借金の返済に充てるようなことは許されないなどという人がいるようです。

しかし,借金の返済に充てるお金も生活に必要な金銭ということができますし,そもそも生活保護の給付金の使途については法律上の制限がありません。

明らかに生活保護の趣旨に反するような使用以外は,原則としてその使途は自由なのです。

したがって,生活保護受給金を全部借金の返済に充てる借金の返済に充てるようなことはともかくとして,受給金の一部を借金返済に充てることも,法令上・理論上は許されるということになります。

つまり,生活保護受給中でも任意整理は可能だということです。

※なお,返済原資は親族などが援助してくれるというような場合であれば,なおさら任意整理をすることに問題はないでしょう。

>> 任意整理とは?

生活保護受給中に任意整理することの妥当性

しかし,自己破産が難しいというような特別な場合を除いて,生活保護受給中に任意整理をする(特に給付金を返済原資にする場合)ことは妥当でないと思われます。

実際,LSC綜合法律事務所においても,生活保護受給中の方の任意整理のご依頼を受けることはしないでいます。

たしかに,上記のとおり理屈の上では生活保護給付金を借金返済に充てることはできるはずです。

しかし,実際問題として,借金に返済に給付金を使った場合,生活保護が中止されるおそれがあるからです。

特に近時は,不正受給の問題などから役所側の対応が厳しくなっており,生活保護に対する世間の目も冷たくなっていますから,なおさらその危険性があるでしょう。

何より,生活自体が厳しくて生活保護を受給しているというのに,借金の返済をしてより生活を厳しくするのはお勧めできません。

現在では,日本司法支援センター(法テラス)では,自己破産の場合に,弁護士費用だけでなく,裁判所に支払う予納金も立て替えてくれることになっており,しかも,生活保護受給者の場合には,立替金の返還も免除されることになっていますから,自己破産をする方が有利といえます。

そのため,生活保護受給者の方の場合には,基本的に自己破産をお勧めしています。

もっとも,毎月の返済額が少額であり自己破産が難しいと考えられるような非常に例外的な場合には,任意整理を選択する場合もないとはいえません。

>> 自己破産とは?

このサイトがお役にたてたらシェアお願いいたします。

債務整理ならLSC綜合法律事務所にお任せください

特定調停や借金整理でお困りの方がいらっしゃいましたら,債務整理の相談実績2000件以上の東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。ご相談は無料です。

>> 弁護士による債務整理の無料相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ