サイトマップ

任意整理

自動車ローン・住宅ローンも任意整理できるか?

任意整理というと借金を対象とするのが通常ですが,自動車ローンや住宅ローンなどの任意整理も不可能ではありません。ここでは,自動車ローンや住宅ローン等も任意整理できるのかについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

自動車ローン・住宅ローン等の任意整理

任意整理できる債務は,クレジットやサラ金からのキャッシングによる借金の債務だけではありません。金銭債務であれば,任意整理は可能です。

したがって,住宅ローンや自動車のローン,その他のショッピング(物販)による債務も,任意整理すること自体は可能です。

ただし,以下に述べるようなデメリットが生ずる可能性はあります。

>> 任意整理とは?

任意整理をした場合に生ずるデメリット

前記のとおり,住宅ローンや自動車ローンなどの任意整理には,キャッシングの任意整理と異なる大きなデメリットがあります。

それは,これらを任意整理をすると,住宅ローンであればその住宅を,自動車ローンであればその自動車を失うおそれがあるということです。

住宅ローンを組む場合,その購入した住宅に抵当権が設定されるのが通常です。任意整理をすると,この抵当権を実行されてしまいます。つまり,住宅が競売などによって売りに出されてしまうということです。

自動車ローンの場合も同様で,自動車に所有権留保という担保が付けられるのが通常です。

任意整理をすると,この所有権留保が実行され,その自動車は,ローン会社又は自動車販売会社に引き上げられることになります。

これら以外のショッピングローンも,同様に所有権留保等の担保権が付けられている場合があります。そのため,ローンの任意整理をすると,そのローンで買った物は引き上げられることがあります。

もちろん,あまりに価値のない物は引き上げられないで済みますが,それでもやはり,ショッピングローン等の任意整理をするときは,そのローンで買った物を失う危険性があるということを肝に銘じておく必要があると思います。

各種ローンのリスケジュール

住宅ローンの任意整理をする場合,住宅ローンの債権者と交渉をして,住宅ローンの返済をリスケジュール,つまり,返済計画の変更をしてもらうということになります。

交渉次第では,住宅を手放さずに,返済期間を延長して月々の返済金額を減額してもらうということが可能な場合もありますが,やはり,住宅を失う危険性があることは考えておく必要があります。

なお,自動車や他の物であると,住宅の場合よりも,リスケジュールが難しいのが現状です。上手くいく可能性がないとは言いませんが,リスクは高いと考えた方が良いかもしれません。

もっとも,住宅や自動車などを手放さずに債務を整理する方法としては,個人再生手続を使うという手もありますので,どうしても住宅等を残したいという場合には,そちらも視野に入れておくべきでしょう。

>> 個人再生とは?

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

債務整理ならLSC綜合法律事務所にお任せください

特定調停や借金整理でお困りの方がいらっしゃいましたら,債務整理の相談実績2000件以上の東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。ご相談は無料です。

>> 弁護士による債務整理の無料相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ