サイトマップ

任意整理

家族・友人・同僚などに内緒で任意整理できるか?

任意整理についてのよくあるご質問の1つに,家族などに秘密で任意整理できるかというご質問があります。ここでは,この家族などに秘密で任意整理できるか?について,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

任意整理を知られてしまう可能性

任意整理をすると,家族や友人,近所の人,同僚の方などに知られてしまうのではないかというように考えている人が多いように思いますが,基本的に,その心配はあまり無いと言って良いでしょう。

任意整理は,裁判外で行う交渉です。したがって,裁判手続である自己破産個人再生と違い,官報に公告されることはありません。

任意整理をすると,信用情報,いわゆるブラックリストに登録されるわけですが,これは,本人又は本人の委任を受けた人でなければ見ることができませんから,ここから情報が漏れるという危険性もありません。

また,任意整理を行う弁護士等には守秘義務があります。

加えて,LSC綜合法律事務所では,ご自宅に電話をしないようにしたり,郵便物を送るときは,弁護士名を伏せて郵送をするなどの措置をとっておりますので,弁護士から任意整理をしていることが漏れるということもありません。

さらに,破産管財人などによる特別な調査が入るというわけでもありませんから,家族,友人,会社の同僚などに連絡がいくという手続はなされません。

したがって,自己破産や個人再生に比べれば,家族や会社の同僚に知られてしまうという可能性は低いでしょう。現に,家族などに知られないまま手続が終わるという場合も少なくありません。

つまり,任意整理は,家族,友達,会社の同僚などに知られてしまう可能性は,自己破産や個人再生に比べれば低いでしょう。しかし,絶対に知られることはないということまではいえません。

>> 任意整理とは?

法律的に関連性がある場合

前記のとおり,任意整理をしていることを家族・友人・同僚の方に知られるということはあまりありません。

もっとも,家族や周りの人に法律的な関連性がある場合は別です。具体的に言えば,家族や周りの人たちが,任意整理の対象となっている債権者である場合か,任意整理をした債権の保証人等になっている場合です。

任意整理の対象となっている債権者である場合,つまり,家族や周りの人が債権者である場合には,任意整理の対象から外さない限り,その人たちと交渉をすることになります。

したがって,その債権者である家族や友人等には間違いなく知られてしまいます。

ただし,もちろん債権者から外せば問題はありません。

また,上記の債権者である場合は当然ですが,家族や周りの人たちが保証人となっている場合も,知られてしまうことがあります。

通常,ある保証人付きの債権について任意整理が開始されると,債権者は,その保証人に対して一括支払いの請求をすることになります。

したがって,それによって,保証人である家族や周りの人に知られてしまうことになります。

その他知られてしまう可能性がある場合

前記のように家族や周りの人が保証人となっている場合を除いては,原則として,任意整理をしたことを秘密・内緒にできることが多いといえるでしょう。とはいえ,もちろん絶対とは言い切れません。

貸金返還請求訴訟を提起された場合

家族等に知られてしまう場合として第一に挙げられるのは,訴訟の提起です。

サラ金など貸金業者は,弁護士等から受任通知が送付されてくると,債務者に直接の取り立てをすることはできなくなりますが,債務者に対して借金の返還を求める訴訟(貸金返還請求訴訟)を提起することは許されます。

貸金返還請求訴訟が提起されると,裁判所からご自宅に訴状が送達されます。そのため,同居の家族の方などには,その訴状を見られてしまう可能性があります。

訴状を見れば借金をしていることは知られてしまいますから,そこから任意整理をしていることが知られてしまうということはある得ることです。

給料等を差し押さえられた場合

また,上記の貸金返還請求訴訟後,債権者が給料を差し押さえるという場合があります。

もちろん,勤務先が知られていなければ給料を差し押さえられることはないのですが,通常は,借金をするときに勤務先を記載していると思いますので,転職などしていない限り,給料が差し押さえられるということは考えられます。

給料が差し押えられると,裁判所から勤務先に差押命令が送達されることになります。それによって,借金を支払っていないことなどが勤務先に知られてしまうことになります。

強硬な業者ですと,勤務先が分からず給与を差し押さえられないときは,動産執行をしてくる場合があります。

動産執行をしたからといって家財道具などを持っていかれるということはほとんどありません(したがって,動産執行の目的は単なる威嚇か嫌がらせにすぎません。)が,裁判所の執行官が自宅に来ることになるので,それによって家族に知られてしまうというおそれはあるでしょう。

家族・友人・同僚の方に知られる可能性

前記のとおり,任意整理の場合であっても,絶対に家族などに知られないまま秘密・内緒にできるということまではいえません。

もっとも,前記の訴訟提起や強制執行のような措置をとってくる業者は限られています。また,貸金業者が直接自宅や勤務先に連絡してくるということもほとんどありません

そういう点からすると,家族などに知られる可能性は絶対にないとはいえないものの,それほど可能性が高いというわけでもないとはいえます。

しかし,本音をいえば,前記のように,せめて家族の方には事情を説明し,協力をしてもらうことは大事なことだと思いますし,できる限りそうすべきであるとは思います。

特に,任意整理の返済原資を家族等に出してもらうという場合には,やはり,その原資を出してくれる家族等の方に説明はしておくべきでしょう。

後から知らされるよりも,はじめから正直に話して協力してもらった方がよいことは言うまでもありません。

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

債務整理ならLSC綜合法律事務所にお任せください

特定調停や借金整理でお困りの方がいらっしゃいましたら,債務整理の相談実績2000件以上の東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。ご相談は無料です。

>> 弁護士による債務整理の無料相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ