債務整理・過払い金返還請求ネット相談室イメージ

自己破産

免責不許可事由となる浪費・賭博その他の射幸行為とは?

免責不許可事由の1つに,「浪費又は賭博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ,又は過大な債務を負担したこと。」があります。ここでは,この免責不許可事由となる浪費・賭博その他の射幸行為について,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

免責不許可事由となる浪費・賭博その他の射幸行為

【破産法 第252条第1項第4号】
浪費又は賭博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと。

自己破産を申し立てたからといって,必ず免責が許可されるとは限りません。破産法252条1項各号に列挙された免責不許可事由がある場合には,免責が不許可とされることもあり得ます。

破産法252条1項4号は,浪費行為やギャンブル,あるいはギャンブル的な行為によって,著しく財産を減少させたり,債務を増大させることは,免責不許可事由に該当すると規定しています。

浪費または賭博その他の射幸行為と呼ばれる免責不許可事由です。おそらく最も多い免責不許可事由は,この浪費等の行為だと思います。

浪費又は賭博その他の射幸行為が免責不許可事由となる要件は,以下のとおりです。

  • 浪費又は賭博その他の射幸行為をしたこと
  • 上記の行為によって著しく財産を減少させ,又は過大な債務を負担したこと

>> 自己破産における免責不許可事由とは?

浪費行為

「浪費」というのは,要するに無駄遣いということです。

支出の程度が一般の人の感覚からしてあまりに度が過ぎている場合は,収入の範囲を超えた支出を行っていた場合,「浪費」と評価されることになります。たとえば,飲み代や買い物,または風俗店通いなどがよくある具体例です。

賭博その他の射幸行為

「賭博その他の射幸行為」とは,要するにギャンブル性の高い行為のことをいいます。

「賭博」はギャンブルそのものです。具体例をあげると,パチンコ,競馬,競輪,競艇などです。また,「その他の射幸行為」の具体例としては,株取引,FX取引,先物取引などが多いと思います。

著しい財産の減少または過大な債務の負担

浪費又は賭博その他の射幸行為をしただけでは免責不許可事由には当たりません。それらの行為をしたことによって,「著しく財産を減少させ,又は過大な債務を負担した」場合にだけ,免責不許可事由となります。

「著しく財産を減少させ,又は過大な債務を負担した」については,そのまま意味です。ただし,「著しい」財産の減少,「過大な」債務の負担ですから,少し財産が減少したり債務を負担したりしただけでは,免責不許可事由にはなりません。

どの程度が「著しい」のか,「過大」なのかは,一概にはいえません。収入や資産の額,生活状況,その他の負債の状況などから個別具体的に判断するほかないでしょう。

>> その他の免責不許可事由

浪費・賭博その他の射幸行為に関連する記事

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

自己破産のことならLSC綜合法律事務所にお任せください

自己破産における免責不許可事由などについて,実際に弁護士に相談したいという方がいらっしゃいましたら,自己破産申立て経験200件以上,東京地方裁判所立川支部の破産管財人も務める自己破産の実績豊富な東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談ください。自己破産のご相談は無料です。

ご予約のお電話は【 042-512-8890 】です。お待ちしております。

※ご来訪相談となります。お電話・メールによるご相談は承っておりませんので,予めご了承ください。

>> 個人の自己破産申立てに強い弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ