債務整理・過払い金返還請求ネット相談室イメージ

自己破産

免責許可の申立てとはどのような方式で行うのか?

自己破産において免責許可を得るためには,まず裁判所に対して免責許可の申立てをしなければなりません。免責許可申立てとはどのような方式で行うのかについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

免責許可の申立ての方式

【破産規則 第1条第1項】
破産手続等(破産法(平成16年法律第75号。以下「法」という。)第3条に規定する破産手続等をいう。以下同じ。)に関する申立て,届出,申出及び裁判所に対する報告は,特別の定めがある場合を除き,書面でしなければならない。

破産手続免責手続は,破産法上,一応別個の手続とされていますから,それらの手続を始めてもらうための申立ても別個であり,破産手続開始の申立てとを免責手続を開始してもらうための申立ては同じものではありません。

免責手続を開始してもらうためには,破産手続開始の申立てとは別個に,「免責許可の申立て」をしなければなりません。

この免責許可の申立ては,上記破産規則第1項第1項のとおり,書面でしなければならないとされています。

この書面を「免責許可の申立書」といいます(ただし,後述のとおり,破産手続開始の申立書と免責許可の申立書は一体とされているのが通常です。)。

>> 免責とは?

免責許可申立書の記載事項

【破産規則 第2条】

第1項 破産手続等に関する申立書(破産手続開始の申立書(法第21条第1項に規定する破産手続開始の申立書をいう。以下同じ。)を除く。)には,次に掲げる事項を記載しなければならない。
① 当事者の氏名又は名称及び住所並びに法定代理人の氏名及び住所
② 申立ての趣旨

第2項 前項の申立書には,同項各号に掲げる事項を記載するほか,次に掲げる事項を記載するものとする。
① 申立てを理由づける具体的な事実
② 立証を要する事由ごとの証拠
③ 申立人又は代理人の郵便番号及び電話番号(ファクシミリの番号を含む。)

【破産規則 第74条】

第1項 免責許可の申立書(破産手続開始の申立ての後に免責許可の申立てをする場合の申立書に限る。)その他の免責手続において当事者又は利害関係人が裁判所に提出すべき書面には,破産事件の表示を記載しなければならない。

第2項 法第248条第2項の規定による申立てをするときは,免責許可の申立書には、同項の事由及びその事由が消滅した日をも記載しなければならない。

免責許可の申立書には,上記の破産規則に規定された事項を記載する必要があります。

破産規則第2条第1項,第74条第1項・第2項に規定する記載事項は,必ず記載しなければならない記載事項です。これを「必要的記載事項」といいます。

他方,破産規則第2条第2項に規定されている記載事項は,必要的記載ではない者の,免責手続の円滑な進行のために記載することが望ましい記載事項です。これを「訓示的記載事項」といいます。

免責許可申立書の添付資料

【破産法 第248条第3項】
免責許可の申立てをするには,最高裁判所規則で定める事項を記載した債権者名簿を提出しなければならない。ただし,当該申立てと同時に債権者名簿を提出することができないときは,当該申立ての後遅滞なくこれを提出すれば足りる。


【破産規則 第74条】

第3項 第1項の申立書には,立証を要する事由についての証拠書類の写しを添付するものとする。

第5項 裁判所(破産裁判所(法第2条第3項に規定する破産裁判所をいう。以下同じ。)を含む。)は,必要があると認めるときは,破産手続開始の申立てその他の破産手続等に関する申立てをした者に対し,破産財団(法第2条第14項に規定する破産財団をいう。以下同じ。)に属する財産(破産手続開始前にあっては、債務者の財産)に関する権利で登記又は登録がされたものについての登記事項証明書又は登録原簿に記載されている事項を証明した書面を提出させることができる。

免責許可の申立書には,上記条文のとおり,債権者名簿や各種の証拠書類を添付しなければならないとされています。

免責許可申立ての実務

前記のとおり,免責許可の申立書には,各種の記載事項や添付書類が必要となります。

もっとも,実務では,個人の自己破産の場合,破産手続開始の申立てと免責許可の申立ては,同時になされるのが通例です。

そのため,裁判所でも,「破産手続開始・免責許可の申立書」として,破産手続開始の申立書と免責許可の申立書が一体となった書式が用意されています。

添付資料も,破産手続開始申立書と免責許可申立書は重なる部分が多く,一方で添付している資料があれば,他方で同じ資料を添付する必要はありません。

この添付資料についても,裁判所ごとにどのようなものを添付すればよいのかが決められています。

また,個人破産の場合,(通常は考えられないのですが)仮に,免責許可申立てをせずに破産手続開始申立てだけしてしまったという場合でも,免責許可申立てがあったものとみなされます

そのため,実務上は,免責許可申立書を独立のものとして考える必要は,あまりないといってよいでしょう。

>> 自己破産申立ての方式

免責許可申立ての方式に関連する記事

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

自己破産のことならLSC綜合法律事務所にお任せください

自己破産における免責に関する調査について,実際に弁護士に相談したいという方がいらっしゃいましたら,自己破産申立て経験200件以上,東京地方裁判所立川支部の破産管財人も務める自己破産の実績豊富な東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談ください。自己破産のご相談は無料です。

ご予約のお電話は【 042-512-8890 】です。お待ちしております。

※ご来訪相談となります。お電話・メールによるご相談は承っておりませんので,予めご了承ください。

>> 個人の自己破産申立てに強い弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ