債務整理・過払い金返還請求ネット相談室イメージ

個人再生の申立て

給与所得者等再生の再生計画認可要件である再生債権者一般の利益とは?

給与所得者等再生の再生計画が認可されるためには,「再生計画が再生債権者の一般の利益に反するものでないこと」が必要です。ここから,再生計画における弁済率が破産における場合の配当率以上でなければならないとする清算価値保障原則が導かれると解されています。

ここでは,この給与所得者等再生の再生計画認可要件である再生債権者一般の利益について,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

給与所得者等再生の再生計画認可の要件

民事再生法 第241条 2項

裁判所は,次の各号のいずれかに該当する場合には,再生計画不認可の決定をする。
② 再生計画が再生債権者の一般の利益に反するとき。

個人再生には,原則型である小規模個人再生と,その特則である給与所得者等再生2種類の手続が用意されています。

給与所得者等再生においては,再生債権者による再生計画案の決議が設けられていません。

そのため,裁判所は,再生計画認可の要件を充たしていると判断した場合,再生債権者の意向によらずに再生計画認可決定をすることができます。

給与所得者等再生においては,再生債務者は,可処分所得の2年分以上の額を計画弁済総額として弁済しなければならず,しかも,変動の幅の小さいと見込まれる定期的な収入を得ることが要件とされているため,再生計画案の決議を経なくても,一般的に再生債権者に利益を与えることが想定できるからです。

とはいえ,事案によっては,必ずしも再生債権者に利益を与えるものになるとは限りません。

そこで,給与所得者等再生においては,「再生計画が再生債権者の一般の利益に反する」場合,再生計画は不認可となるものとされています(民事再生法241条2項2号)。

>> 給与所得者等再生の再生計画認可要件・不認可事由とは?

再生債権者一般の利益の判断基準

前記のとおり,給与所得者等再生においては,「再生計画が再生債権者の一般の利益に反する」場合,再生計画が不認可となるとされています(民事再生法241条2項2号)。

どのような場合に「再生計画が再生債権者の一般の利益に反する」ことになるのかを判断する基準は,個人再生よりも,破産手続など別の倒産手続をとった方が,再生債権者に利益を与えるものであるかどうか,です。

とはいえ,「再生計画が再生債権者の一般の利益に反する」かどうかは,単純に判断することはできません。個々の事情によって,弁済額等が異なってくるからです。

そこで,「再生計画が再生債権者の一般の利益に反する」かどうかは「債権者が再生計画に同意する見込みの有無によってではなく,想定される弁済率,弁済期及び弁済期間等を総合的に検討して,総債権者の得られる利益の有無によって判断されるべき」であると解されています(名古屋高等裁判所平成26年1月17日決定参照)。

また,問題となるのは,再生債権者個々の利益ではなく,「再生債権者の一般の利益」です。

したがって,「再生計画が再生債権者の一般の利益に反する」かどうかは「債権者全体の利益を考慮すべきであって,個々の債権者や特定の債権者集団の利益や意向のみを考慮すべきでは」ないと解されています(前掲名古屋高等裁判所平成26年1月17日決定参照)。

清算価値保障原則

給与所得者等再生においては,「再生計画が再生債権者の一般の利益に反する」ものでないことが再生計画認可の要件です。

ここから,清算価値保障原則と呼ばれる原則が導かれます。

清算価値保障原則とは,再生計画における弁済率が破産における場合の配当率以上でなければならないとする原則のことをいいます。

例えば,個人再生だと再生債権者は100万円しか弁済を受けることができないが,破産であったら200万円の配当を受けることができるというのであれば,個人再生よりも破産の方が再生債権者に利益がありますから,清算価値保障原則に反することになります。

したがって,この場合には,給与所得者等再生の再生計画は不認可となります。

「再生計画が再生債権者の一般の利益に反する」場合とは,もっぱら清算価値保障原則に反する場合であると言ってもよいかもしれません。

この清算価値保障原則は,給与所得者等再生の場合だけでなく,小規模個人再生の場合にも求められます。

ですので,個人再生の申立てを検討する場合には,この清算価値保障原則を充たしているかどうかを吟味しなければなりません。

>> 個人再生における清算価値保障原則とは?

給与所得者等再生固有の再生計画認可要件に関連する記事

この記事がお役にたちましたらシェアお願いいたします。

個人再生のことならLSC綜合法律事務所にお任せください

個人再生(個人民事再生)に強い弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,債務整理のご相談実績2000件以上の実績,個人再生委員の経験もある,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

個人再生のご相談は「無料相談」です。まずはご相談ください。

※なお,お電話・メールによるご相談は承っておりません。弊所にご来訪いただいてのご相談となりますので,あらかじめご了承ください。

>> 個人再生申立てに強い弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

LSC綜合法律事務所ロゴ

所在地
〒190-0022東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話
042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ