債務整理・過払い金返還請求ネット相談室イメージ

個人再生の申立て

個人再生の給与所得者等再生とは?

個人再生の手続には,小規模個人再生と給与所得者等再生という2つの手続が用意されています。ここでは,この給与所得者等再生とはどのような手続なのかについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

給与所得者等再生とは

本来,法人を対象としている民事再生手続を個人でも利用できるように設けられたのが,個人再生の手続です。この個人再生には,小規模個人再生と給与所得者等再生という2つの手続が用意されています。

このうち給与所得者等再生とは,サラリーマンなど将来的に確実に安定した収入を得る見込みがある個人の債務者のうちで,無担保債権が5000万円以下の者について,再生債権を原則3年間で返済する再生計画案を作成し,それについて裁判所の許可を得た上で計画どおり履行することによって,再生計画で返済していない債務を免除してもらうという手続です。

個人再生の基本類型は小規模個人再生ですが,個人再生を利用できる個人の債務者のうちでも,特にサラリーマンなどの給与所得者等についてだけ認められる手続が,この給与所得者等再生の手続です。

>> 個人再生とは?

小規模個人再生との違い

小規模個人再生と給与所得者等再生の手続の流れ自体は,大きな違いはありません。ただし,手続の要件などにおいては違いがあります。

返済金額の違い

個人再生を利用する場合は,小規模個人再生を選択するのが一般的です。

サラリーマンなどの給与所得者であっても,個人再生を申し立てる場合,給与所得者等再生ではなく,小規模個人再生を利用することがほとんどです。

というのも,小規模個人再生の方が,給与所得者等再生よりも返済金額が少額となるからです。

給与所得者等再生の場合,返済金額は可処分所得によって決まります。つまり,債務者の収入から税金の支払いなどを差し引いた金額の2年分の金額が返済金額となります。

しかも,その金額は小規模個人再生で最低支払わなければならない金額(最低弁済額)よりも高額でなければなりません。

これに対して,小規模個人再生の場合は,最大で借金額の5分の1(借金が3000万円を超える場合は10分の1)にまで減額され,しかも,上記のとおり,給与所得者等再生の返済金額は必ず小規模個人再生での返済金額よりも高額でなければなりませんから,債務者にとって,返済金額において給与所得者等再生よりも小規模個人再生の方が有利であることはあきらかです。

給与所得者等再生を選択する場合

しかし,給与所得者等再生を利用する場合も,もちろんあります。どういう場合かといえば,債権者の異議によって小規模個人再生の再生計画が認可されない(不認可となる)可能性が高い場合です。

小規模個人再生の場合,再生債権者の頭数の半数以上又は再生債権額の過半数の反対・異議があると,再生計画が認可されません

これに対し,給与所得者等再生では,債権者の反対・異議があっても,それに左右されずに,認可を受けることが可能です。

そのため,債権者の異議によって小規模個人再生の認可が受けられないおそれが大きい場合には,給与所得者等再生を利用することになります。

なお,以前は,異議を出してくるとすると,政府系の金融機関や東京スター銀行など一部の債権者に限られていました。

しかし,今後どうなっていくかは分かりませんし,現に,近時は,債権者が異議を出してくることが多くなってきています。

あるいは,今後は給与所得者等再生がスタンダードになることがあるかもしれません。

>> 個人再生の2つの手続とは?

この記事がお役にたちましたらシェアお願いいたします。

個人再生のことならLSC綜合法律事務所にお任せください

個人再生(個人民事再生)に強い弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,債務整理のご相談実績2000件以上の実績がある,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

個人再生のご相談は「無料相談」です。まずはご相談ください。

>> 個人再生申立ての経験豊富な弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ