債務整理・過払い金返還請求ネット相談室イメージ

個人再生の申立て

個人再生(個人民事再生)と自己破産の違いは何か?

債務整理の方法として自己破産と個人再生(個人民事再生)があります。自己破産の場合,原則としてすべての借金・債務が免責になりますが,その代わりに,自由財産を除く財産の処分が必要です。他方,個人再生の場合は,全額免除ではなく一部免除(減額)で,免除されない部分の返済を継続していく必要がありますが,最大で10分の1まで減額されることがあり,また,財産の処分は必須とされていません。自己破産の場合は,資格制限や郵便物の転送などがありますが,個人再生にはありません。ギャンブルによる借金増大などの免責不許可事由があると,自己破産の場合,免責されないことがあり得ますが,個人再生では,免責不許可事由があっても,要件さえ充たせば再生計画は認可されます。

ここでは,この個人再生(個人民事再生)と自己破産の違いについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

個人再生(個人民事再生)と自己破産

借金などの債務の問題を解決するための法的手段のことを「債務整理」と呼んでいます。この債務整理の方法として,「個人再生(個人民事再生)」や「自己破産」があります。

自己破産は,聞いたことがあるという方も多いかもしれません。破産手続開始を債務者自らが申し立てることを自己破産(申立て)といいます。

破産手続においては,破産管財人によって自由財産を除く債務者の財産が換価処分され,それによって得られた金銭が債権者に弁済または配当されます。

それでも支払いきれない債務は,裁判所の免責許可決定によって支払義務を免除してもらうことができるという手続です。

他方,個人再生(個人民事再生)は,借金の減額分割払いなどを定めた再生計画を裁判所によって認可してもらうという手続です。

いずれの手続も,裁判手続です。そのため,裁判所によって免責許可や再生計画認可をしてもらえれば,借金の減額や免除について法的な効果が発生します。いずれも,債務整理のための強力な手段といえるでしょう。

また,民事再生手続は,破産手続をベースとしてそれを変容させた手続ですから,共通する法的な原理や原則があったり,手続的に似ている部分もあります。

とはいえ,両者は,破産法民事再生法という異なる法律に基づく異なる法的手続です。当然,多くの違いがあります。

以下では,自己破産と個人再生の違いのうち,特徴的な部分についてご説明いたします。

>> 債務整理の種類にはどのようなものがあるのか?

債務の免除に関する違い

自己破産と個人再生(個人民事再生)には,借金など債務が全額免除されるのか,それとも一部だけの免除にとどまるのかという点で違いがあります。

まず,自己破産の場合,裁判所によって免責が許可されると(財団債権や非免責債権を除いて)すべての借金・債務の支払義務が免除されます。

これに対し,個人再生の場合は,すべての借金・債務の支払義務が免除されるわけではありません。一部の免除にとどまります。免除されない部分は返済の継続が必要です。

ただし,返済の継続が必要とは言っても,債務の一部免除はあります。つまり,個人再生では,民事再生法に従って債務を減額することができるということです。

小規模個人再生給与所得者等再生のどちらを選択するか,債務の金額はいくらか,財産はあるのかなどによって異なりますが,最大で10分の1まで減額できる場合もあります。

また,減額された債務は,3年から5年の分割払いになります。

>> 個人再生をするとどのくらい減額されるのか?

財産の処分に関する違い

自己破産と個人再生(個人民事再生)には,財産の処分が必要か否かという点でも違いがあります。

前記のとおり,自己破産の場合には,借金などの債務の支払義務がすべて免除されるのが原則です。しかし,その代わりに,財産を処分しなければなりません。

ただし,すべての財産が処分されてしまうわけではなく,自由財産に該当する財産は処分が不要とされています。

これに対して,個人再生(個人民事再生)の場合は,返済の継続が必要とされていますが,その代わりに,財産の処分は必須とされていません。したがって,財産を処分せずに債務整理することが可能となります。

もっとも,個人再生では,自己破産により財産を処分した場合と同額以上の返済をしなければならないとされています(清算価値保障原則)。

したがって,個人再生では,財産の処分は不要ですが,財産の価額はどのくらい減額されるのかには関わってきます。

>> 個人再生における清算価値保障原則とは?

住宅ローンの残る自宅の取扱いに関する違い

前記のとおり,自己破産の場合には,財産を処分しなければなりません。自宅不動産も例外ではありません。

まだ住宅ローンが残っている自宅の場合,破産手続において破産管財人が任意売却します。任意売却できなかったとしても,住宅ローン債権者等によって自宅は競売にかけられ,最終的には換価処分されます。

したがって,自己破産の場合には,自宅不動産を残せないと考えておくべきでしょう。

これに対して,個人再生(個人民事再生)の場合には,「住宅資金特別条項(住宅ローン特則)」という特別な制度が用意されています。

住宅資金特別条項を定めた再生計画が裁判所によって認可されると,住宅ローンだけは従前どおりまたは若干のリスケジュールをして支払いを継続することによって自宅を処分されないようにしつつ,他の借金などを個人再生によって減額してもらうことができるようになります。

したがって,住宅ローンの残っている自宅を処分したくないという場合には,自己破産ではなく,個人再生を使えるかどうかを検討することになるでしょう。

>> 個人再生における住宅資金特別条項(住宅ローン特則)とは?

資格制限に関する違い

自己破産と個人再生(個人民事再生)には,資格制限があるか否かにおいても違いがあります。

自己破産の場合,破産手続の間は,一定の公的な資格を利用することができなくなります(資格制限)。例えば,警備員,保険外交員,宅建などの仕事ができなくなります。

ただし,資格制限は,裁判所によって免責を許可してもらえれば,復権により解除されます。とはいえ,破産の開始から復権までの間は資格制限の状態は続きます。

これに対して,個人再生(個人民事再生)には,資格制限がありません。したがって,個人再生手続中であっても,資格を使って仕事をすることが可能です。

>> 自己破産における資格制限とは?

郵便物の転送に関する違い

自己破産と個人再生(個人民事再生)には,郵便物の転送嘱託が行われるのか否かにおいても違いがあります。

自己破産の場合,破産手続の間,破産者ご本人宛の郵便物が,破産管財人のところに転送されることになるのが通常です。

転送郵便物を受け取った破産管財人は,それを開披して内容物を調査できます。調査が終わると,破産者のもとに返還されます。

これに対して,個人再生(個人民事再生)の場合は,郵便物の転送はされません。個人再生手続中であっても,郵便物は再生債務者ご本人に郵送されます。

借金をした理由などによる影響に関する違い

自己破産を申し立てる目的は,裁判所によって免責を許可してもらうところにあります。

しかし,自己破産を申し立てれば,必ず免責が許可されるわけではありません。「免責不許可事由」に該当する事由がある場合には,免責が許可されない(不許可になる)ことがあります。

免責不許可事由としては,例えば,パチンコや競馬などのギャンブル・FXや仮想通貨取引などの投資で借金を増やしてしまったこと,ぜいたくな飲食・買い物・遊興費などの浪費行為で借金を増やしてしまったことなどが挙げられます。

これに対し,個人再生には免責不許可事由がありません。したがって,上記のような免責不許可事由に該当する行為をしていた場合でも,要件さえ充たしていれば,再生計画は認可してもらえます。

なお,自己破産において免責不許可事由がある場合でも,裁判所の裁量によって免責(裁量免責)が許可されることは少なくありません。

したがって,裁量免責さえも認められないような免責不許可事由がある場合に,個人再生の利用を検討することになるでしょう。

>> 自己破産における免責不許可事由とは?

手続の遂行に関する違い

個人再生と自己破産とでは,手続の遂行面でも違いがあります。

自己破産の場合,破産手続は,裁判所が選任した破産管財人が遂行していきます。財産の処分や契約関係の清算処理,債権調査や配当手続も,破産管財人が遂行します。

これに対し,個人再生の場合は,再生債務者が自分で手続きを遂行していかなければなりません。

個人再生においては個人再生委員が裁判所により選任される場合もありますが,個人再生委員はあくまで監督役ですので,破産管財人のように手続を進めていってくれるわけではありません。

したがって,個人再生の場合は,自己破産の場合よりも,債務者自身で手続を管理して進めていかなければならないのです。

なお,債務者に代理人弁護士が就いている場合には,その弁護士が代理人として手続を進めていくことになります。

>> 個人再生手続の流れ

個人再生と自己破産の違いに関連する記事

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

個人再生のことならLSC綜合法律事務所にお任せください

個人再生(個人民事再生)に強い弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,債務整理のご相談実績2500件以上の実績,個人再生委員の経験もある,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

個人再生のご相談は「無料相談」です。まずはご相談ください。

※なお,お電話・メールによるご相談は承っておりません。弊所にご来訪いただいてのご相談となりますので,あらかじめご了承ください。

>> 個人再生申立てに強い弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

LSC綜合法律事務所ロゴ

所在地
〒190-0022東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話
042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ