債務整理・過払い金返還請求ネット相談室イメージ

個人再生の申立て

個人再生をすると借金はどのくらいの分割払いになるのか?

個人再生の再生計画が認可されると,再生計画認可決定確定日から3年間の分割払いになります。「特別な事情」がある場合には,再生計画認可決定確定日から5年を超えない範囲で弁済期間を延長してもらえる場合もあります。

ここでは,個人再生が上手くいった場合に借金がどのくらいの分割払いになるのかについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

個人再生における分割払い

個人再生(個人民事再生)再生計画認可されると,再生計画の内容にもよりますが,借金などの債務を減額してもらえます。場合によっては,10分の1まで減額されることもあります。

もっとも,個人再生のメリットは,再生計画が認可されることによって借金などの債務を減額できることだけではありません。

減額の上に,さらに,その減額された債務を分割払いにしてもらうことができます。一括で支払う必要がないのです。

>> 個人再生のメリット

分割払いの期間

民事再生法 第229条 第2項

再生債権者の権利を変更する条項における債務の期限の猶予については,前項の規定により別段の定めをする場合を除き,次に定めるところによらなければならない。
① 弁済期が三月に一回以上到来する分割払の方法によること。
② 最終の弁済期を再生計画認可の決定の確定の日から3年後の日が属する月中の日(特別の事情がある場合には,再生計画認可の決定の確定の日から5年を超えない範囲内で,3年後の日が属する月の翌月の初日以降の日)とすること。

個人再生の再生計画が認可された場合の分割払いの期間は,原則として,再生計画認可決定確定日から3年間とされています(民事再生法229条2項2号,244条)。

ただし,「特別の事情」がある場合には,分割払いの期間を,5年を超えない範囲で3年を超える期間とすることができるとされています。要するに,5年まで伸ばしてもらえるということです。

この「特別の事情」がある場合とは,3年の計画では弁済をしていくことが困難である具体的な事情があるということです。

単に3年では大変なので5年にしたいというだけでは「特別の事情」があるとはいえません。

収支から考えて弁済が難しい状況である場合や,弁済期間中に子供の進学などで大きな支出があるため3年では弁済できないというような事情が必要となります。

ただし,この分割払い期間の伸長については,裁判所でも比較的柔軟な対応がとられています。

分割払いの方法・回数

前記のとおり,個人再生においては,3年から5年の分割払いにすることが可能です。

個人再生における分割払いの方法は,「弁済期が三月に一回以上到来する分割払の方法による」とされています(民事再生法229条2項1号,244条)。

したがって,3か月に1回の支払いペース以内であればよいということになります。ただし,実務上は,月に1回か3か月に1回とするのが通常でしょう。

3年間の分割払いの場合,月1回の支払いであれば36回払い,3か月に1回であれば12回払いになります。

5年間の分割払いの場合は,月1回の支払いであれば60回払い,3か月に1回であれば20回払いとなります。

一括払いの可否

個人再生の再生計画が認可されると分割払いが可能となると言いましたが,むしろ,個人再生においては,弁済の方法は分割払いでなくてはならないと解されています。

前記民事再生法229条2項1号も,分割払いの方法によること以外の定めをしていません。減額されているとはいえ一括払いができるような状態であるのであれば,個人再生をする必要性がないはずであるからです。

もっとも,一括払いや繰り上げ返済がされることに対して債権者が異議を述べるとも思えません。

そのため,一括弁済の再生計画は認められないものの,分割払いの再生計画認可後に一括弁済・繰り上げ弁済することは許されると解する見解もあります。

個人再生における分割払いに関連する記事

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

個人再生のことならLSC綜合法律事務所にお任せください

個人再生(個人民事再生)をするとどのくらい減額できるのかなどについて,実際に弁護士に相談したいという方がいらっしゃいましたら,個人再生の実績豊富な東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談ください。個人再生のご相談は無料です。

ご予約のお電話は【 042-512-8890 】です。お待ちしております。

※ご来訪相談となります。お電話・メールによるご相談は承っておりませんので,予めご了承ください。

>> 個人再生申立ての経験豊富な弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ