サイトマップ

基本法律用語の解説

相殺(そうさい)とは?

ある同種の債務を負担する2人が,互いに対当額で債務を消滅させる旨の意思表示のことを相殺といいます。ここでは,この相殺とは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

相殺とは

相殺という言葉は,比較的一般的にも使われるので,ある程度イメージができると思います。

相殺とは,ある2人がお互いに同種の目的の債務を負担している場合に,自己の相手方に対して有している債権と相手方に対して負担している債務とを対当額で消滅させる意思表示のことをいいます。

例えば,AさんはBさんに対して,100万円の代金債権を有していたとします。これは,逆方向からみれば,BさんはAさんに対して100万円の代金債務を負担しているということです。

他方,BさんもAさんに対して,100万円の貸金債権を有していたとします。これは,逆方向からみれば,AさんはBさんに対して100万円の貸金債務を負担しているということになります。

ここで,Aさんが,Bさんに対して,自分の負っている100万円の貸金債務と,Bさんに対してい有している100万円の代金債権とを相殺する意思表示をすると,AさんはBさんに対する100万円の代金債権を失う代わりに,Bさんに対して負っていた100万円の貸金債務を消滅させることができるのです。

相殺の効果

相殺をすると,自己の相手方に対する債権(これを「自働債権」といいます。)と,相手方が自己に対して有している債権(これを「受働債権」といいます。)とを,対当額で消滅させることができます。

対当額とは,つまり,同額ということです。

前記の事例で,AさんがBさんに対して有する代金債権が200万円だったとしても,相殺の意思表示によって消滅するのは,100万円の部分だけになります。

つまり,AさんのBさんに対する代金債権のうち100万円が相殺により消滅し,BさんのAさんに対する貸金債権100万円は全額消滅しますが,AさんのBさんに対する代金債権のうち100万円は消滅せずに残るということです。

相殺の意義・機能

前記のとおり,相殺は,現実に金銭を支払うことなしに決済ができます。

上記の例でいえば,AさんもBさんも金銭を実際に支払ってはいませんが,お互いに債務を履行したのと同じ効果を生ずることになるということです。

このように,相殺には,現実に金銭を支払うなどの手間を省き,簡易迅速な決済を可能にするという機能があります。

また,相手方に対して債権を有している場合に,相手方から同種の債務を負担することになったとしても,それを相殺すれば,自分の債務を消滅させることができますから,その分だけ債権回収を確実に図ることができます。

上記の例でいうと,Aさんは,実際に100万円の代金債権の支払いを受けたわけではありませんが,100万円の借金をなしにすることができたという利益を得ているのですから,実質的には100万円の債権を回収したに等しいといえます。

もちろん,この場合,Aさんは自分の債権も対当額で失うのですから,結論としてはプラスマイナスゼロになるのですが,最低限,損はしないで済みます。

このことは,相殺の相手方が無資力で支払う能力がない場合には,より効果的です。

例えば,上記の例で,Bさんは,Cさんに対しても代金債務を負担していましたが,CさんはBさんに対して債権を有していました。ところが,Bさんが無資力になり支払い能力がなくなってしまったとします。

この場合,Cさんは相殺をして債権回収をすることができません。Bさんから現実に支払ってもらうほかないということになります。

しかし,上記のとおり,Bさんは無資力ですから,現実に支払ってもらえる可能性はありません。つまり,債権の回収が図れないということです。

他方,Aさんは,仮にBさんから現実の金銭の支払いを受けることができなくても,相殺をすることにより,実質的に債権回収を図ることができ,プラスマイナスゼロには持って行けます。

しかも,回収できないCさんに先立って債権の満足を得ることができるのです。

このように,相殺には,いってみれば,担保のような機能があります。最悪の場合でも,他者に先立って,相殺をしてある程度債権を満足させることができるという機能があるのです。

これを,相殺の担保的効力といいます。

相殺の要件

相殺をするためには,以下の要件を満たしていなければなりません。

  • 相殺適状にあること
  • 相殺禁止に当たらないこと
  • 相殺の意思表示をすること

このサイトがお役にたてたらシェアお願いいたします。

LSC綜合法律事務所のご案内

債務整理・過払い金返還請求をお考えの方がいらっしゃいましたら,債務整理のご相談実績2000件以上の,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

>> 弁護士による債務整理の無料相談のご案内

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ