サイトマップ

基本法律用語の解説

債権(債権者)・債務(債務者)とは?

「債務(さいむ)」とは,特定の人に対して何らかの行為や給付をしなければならない法的義務のことをいいます。そして,この債務を負担する人のことを「債務者(さいむしゃ)」といいます。他方,「債権(さいけん)」とは,特定の人に対して何らかの行為や給付をするように請求する法的権利のことをいいます。この債権を持つ権利者のことを「債権者(さいけんしゃ)」といいます。

ここでは,債権(債権者)・債務(債務者)とは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

債権(債権者)・債務(債務者)とは

債務整理とは,「債務」を整理して多重債務状態から債務者を救済するという法的な手続の総称のことをいいます。

そこで,そもそもここでいう「債務」やそれと対概念である「債権」とは何かについて知っておく必要があるでしょう。

まず,「債務(さいむ)」とは,特定の人に対して何らかの行為や給付をしなければならない法的義務のことをいいます。そして,この債務を負担する人のことを「債務者(さいむしゃ)」といいます。

他方,「債権(さいけん)」とは,特定の人に対して何らかの行為や給付をするように請求する法的権利のことをいいます。この債権を持つ権利者のことを「債権者(さいけんしゃ)」といいます。

債権・債務という場合には,特定の人に対する行為も問題となってきますから,目的が金銭の給付であるとは限りません。何らかの行為をしてもらう権利や義務も,債権・債務に当たるということになります。

例えば,雇用契約ですと,労働者は使用者に対して労務を提供するという債務を負うことになりますし,請負契約であれば,請負人は注文者に対して仕事を完成させるという債務を負うことになります。

いずれも,金銭の給付ではありませんが,やはり債務です。

もちろん,金銭を給付する(支払う)ことも債務です。金銭の給付を目的とする債権や債務のことを,特に「金銭債権」「金銭債務」と呼ぶことがあります。

金銭債権・金銭債務

前記のとおり,金銭の給付を目的とする債権・債務のことを,それ以外の債権・債務と区別して,金銭債権・金銭債務と言います。

金銭債権・金銭債務も,基本的な権利義務関係は他の給付を目的とする債権・債務と同じです。

金銭債権者は,金銭債務者に対して金銭の支払いを請求する権利を有し,金銭債務者は,金銭債権者に対して金銭を支払う法的義務を負うことになります。

ただし,金銭は価値そのものです。コインや紙幣には物としての個性はありません。どの貨幣であろうと,価値としての金銭が支払われればよいのです。

そのため,金銭債権・金銭債務の場合には,他の給付を目的とする債権・債務と異なり,物を特定する必要が無いという特殊性があります。

また,金銭に物としての個性がない上,貨幣経済が存在する以上,金銭そのものが世の中からすべて消滅することもあり得ません。

そのため,金銭債務が履行不能となることもありません。債務者が金銭を支払えない経済状況になったとしても,それは履行不能ではなく,単に履行が遅れたもの(履行遅滞)として扱われます。

加えて,履行を遅滞した理由が不可抗力に基づくものであったとしても,それを抗弁とすることはできません(民法419条3項)。

さらに,金銭債務が履行遅滞に陥った場合,他の給付を目的とする債権・債務と異なり,債権者が損害が発生したことを立証しなくても,当然に,遅延損害金が発生します(民法419条2項)。

借金の場合の債権・債務関係

借金をするということは,法的にいうと,金銭消費貸借契約に基づいて金銭の交付を受けるということです。

金銭の交付を受けた場合,金銭を借りた側の人(借主)は,金銭を貸した側の人(貸主)に対し,その金銭と同額の金銭(利息を支払うという約束があれば利息も含めた金額)を返済しなければならない法的義務を負うことになります。

つまり,借金の場合,借主は借金を返すという金銭債務(貸金返還債務)を負う債務者となり,貸主は貸金の返済を受けるという金銭債権(貸金債権)を取得する債権者ということになるのです。

利息を支払うという旨の約定(利息契約)があれば,さらに,借主は利息支払債務を負い,貸主は利息債権を取得するということになります。

>> 金銭消費貸借契約とは?

債務整理における債権・債務

前記のとおり,債務整理とは,債務者が負う債務を整理して多重債務状態からの救済を目的とする手続です。債務整理における債務は,金銭債務を対象としています。

特に,クレジット会社やサラ金からの借金債務が中心となります。そのため,債務整理の対象となる借金問題のことを「クレサラ事件」や「サラクレ事件」などと呼ぶ場合もあります。

また,債務整理をする場合には,すでに複数の貸金業者から借入れをしている状態になっていることが多いことから,そのような状況のことを「多重債務」と呼ぶこともあります。

>> 債務整理とは?

債権(債権者)・債務(債務者)に関連する記事

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

債務整理のことならLSC綜合法律事務所にお任せください

債務整理に強い弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,債務整理のご相談実績2500件以上の実績がある,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

自己破産のご相談は「無料相談」です。まずはご相談ください。

※なお,お電話・メールによるご相談は承っておりません。弊所にご来訪いただいてのご相談となりますので,あらかじめご了承ください。

>> 債務整理に強い弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

LSC綜合法律事務所ロゴ

所在地
〒190-0022東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話
042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ