サイトマップ

基本法律用語の解説

金銭消費貸借契約とは?

借金とは,法的に言うと,金銭消費貸借契約に基づく貸金返還債務ということになります。ここでは,この金銭消費貸借契約とは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

金銭消費貸借契約

借金とは借りたお金を返すという債務ですが,もう少し法的に言うと,金銭消費貸借契約に基づく貸金返還債務であるということになります。

消費貸借契約とは,「当事者の一方が種類,品質及び数量の同じ物をもって返還をすることを約して相手方から金銭その他の物を受け取ることによって,その効力を生ずる」契約のことをいいます(民法587条)。

要するに,同じ質量の物を返す代わりに,物を受け取ることができるという契約です。

同じ質量の物を返せばよいので,受け取った物そのものを返す必要はありません(もちろん,受け取った物そのものを返すこともできます。)。

金銭消費貸借契約とは,上記消費貸借契約のうちで,目的物が金銭である場合のことをいいます。 金銭消費貸借の場合は,金銭を借りる代わりに,それと同額の金銭を返すということになります。

金銭消費貸借契約の要件

金銭消費貸借契約の成立要件は,「当事者の一方が種類,品質及び数量の同じ物をもって返還をすることを約」すことと,「相手方から金銭その他の物を受け取ること」です。

前者を返還の合意といい,後者を目的物の交付ということがあります。

上記のとおり,消費貸借契約は目的物を交付しなければ成立しません。

金銭消費貸借においては,目的物は金銭ですから,金銭を実際に貸主が借主に交付しなければ,契約は成立しないということです。単に返還の約束をしただけは契約成立にはならないのです。

このように,物の交付を必要とする契約のことを要物契約といいます。消費貸借は典型的な要物契約です。

金銭消費貸借契約の効果

消費貸借契約が成立すると,借主は,借りた目的物と種類,品質及び数量の同じ物を返還しなければならないという義務を負うことになります。

このように消費貸借においては,借りた物そのものを返す必要がありません。すなわち,借りた物と同質,同量の物を返還すればよいのです。

言い換えれば,借りた物そのものは,消費してしまって(使い切ってしまって)も構わないということになります。そのため,「消費」貸借という名称がついているのです。

金銭消費貸借の場合には目的物が金銭ですから,借りた金銭と同質・同量の金銭を返す義務を負うということになります。

もっと分かりやすく言えば,借りたお金と同額のお金を返す義務を負うということです。すなわち,これが借金というものです。

なお,消費貸借契約は目的物を授受しなければそもそも契約が成立しないので,消費貸借が成立しているということは,目的物はすでに授受されているということになりますから,貸主に目的物を交付する義務は発生しません。

LSC綜合法律事務所のご案内

債務整理・過払い金返還請求をお考えの方がいらっしゃいましたら,債務整理のご相談実績2000件以上の,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

>> 弁護士による債務整理の無料相談のご案内

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

このサイトがお役にたてたらシェアお願いいたします。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ