サイトマップ

債務整理(全般)

貸金業法とは?

貸金業者の業務や登録方法などを規制する法律として「貸金業法」があります。ここでは,この貸金業法についてご説明いたします。

貸金業法とは

貸金業法とは,貸金業者の事業登録や業務について,その適正化を図るための規制を定める法律です。

かつては「貸金業の規制等に関する法律(略称として貸金業規制法)」という名称でしたが,平成18年の改正により,名称も貸金業法に改められました。

その目的は,「貸金業が我が国の経済社会において果たす役割にかんがみ,貸金業を営む者について登録制度を実施し,その事業に対し必要な規制を行うとともに,貸金業者の組織する団体を認可する制度を設け,その適正な活動を促進することにより,貸金業を営む者の業務の適正な運営を確保し,もつて資金需要者等の利益の保護を図るとともに,国民経済の適切な運営に資すること」にあります(貸金業法第1条)。

貸金業法の改正

貸金業規制法には,いくつかの問題点が指摘されていました。その最たるものが,いわゆる「みなし弁済」と呼ばれる制度です。

すなわち,利息制限法所定の制限利率を超える利息の支払いがあった場合でも,一定の要件を満たせば,有効な利息の弁済があったものとみなすという制度です。

本来,利息制限法に違反する利息は無効のはずですが,これを有効なものとしてしまうというものですから,これが認められると,明らかに利息制限法の消費者保護の趣旨を骨抜きにしてしまいます。

そして,その結果,グレーゾーン金利の弊害が助長されてしまっていました。

これに対しては,消費者団体や弁護士・司法書士らから批判がなされていました。

最高裁判所はこの批判に応え,みなし弁済の適用を実質的に否定する判決(最判平成18年1月13日)を出していましたが,さらに,平成18年12月には,みなし弁済の撤廃を含む貸金業規制法の抜本的な改正がなされることになりました。

そして,上記みなし弁済の撤廃のほか,年収の3分の1を超える個人への貸付けを原則として禁止する総量規制がとりいれられ,生命保険金による返済の禁止や行政処分の対象となる行為の拡大などが設けられました。

取立ての停止

貸金業法は,前記のとおり,債務整理に大きな影響を及ぼす法律ですが,そのうちでも特に典型的な規制は,弁護士等の通知によって直接の取立てが禁止されるということでしょう。

つまり,弁護士等が,貸金業者に対して,債務整理を開始したことを通知し,債務者本人への訪問・電話・FAX等による取立て行為をしないように要求した後は,貸金業者は,そのような直接の取立てをすることができなくなるという規制です。

裁判所による特定調停の場合も同様です。裁判所から特定調停を開始する旨の書面が送達されると,やはり訪問・電話・FAX等による債務者本人への直接の取立て行為をすることが禁止されるようになります。

クレサラ事件が大きな問題となっていたことの要因の1つは,貸金業者による厳しい取り立てです。これにより,債務者が追い込まれ,自殺が多発するなどの問題が生じていました。

貸金業法による直接の取立ての禁止は,上記のような取立てによる問題を防止するための方策として設けられたのです。

これにより,債務者は,生活の平穏を取り戻すことができるとともに,債務整理をする準備ができるようになります。

LSC綜合法律事務所のご案内

債務整理に強い弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,債務整理のご相談実績2000件以上の実績がある,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

>> 弁護士による債務整理の無料相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

このサイトがお役にたてたらシェアお願いいたします。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ