サイトマップ

債務整理(全般)

貸金三法とは?

クレサラ問題・債務整理において必ず知っておかなければならない3つの法律のことを,「貸金三法」と呼んでいます。ここでは,この貸金三法についてご説明いたします。

貸金三法とは

クレサラ問題解決のために,是非知っておかなければならない3つの法律があります。すなわち,利息制限法・貸金業法・出資法の3つの法律です。この3つの法律を,「貸金三法」と呼ぶことがあります。

利息制限法

利息制限法とは,暴利から消費者を保護するために,貸金についての利息の利率を一定限度にまで制限するという法律です。

利息制限法の制限利率を超える利率の利息は無効です。仮に,これを超える利息の約定をしても,その制限超過部分は無効となり,支払ってしまった場合には,元本に充当されると解されています。

さらに,元本充当後も制限超過利息を支払い続けた場合,それは過払い金として返還を請求できるとされています。

つまり,債務整理において最も重要となる引き直し計算(元本充当計算)や過払い金の根拠となるのが,この利息制限法なのです。

>> 利息制限法とは?

貸金業法

貸金業法とは,貸金業者の適正な運営を確保して国民経済の適切な運営を確保するために,貸金業者の組織運営や営業行為等を規制する法律です。

平成18年改正前の貸金業法(貸金業規制法)には,かつて,「みなし弁済」など問題のある規定があり,また,多くの不十分な点がありました。

特にこのみなし弁済は,グレーゾーン金利を助長するという弊害を生じていました。

しかし,世論の批判を受け,平成18年改正によって,大幅に改善されました。現在では,規制も強化され,グレーゾーン金利も撤廃されています。

クレサラ問題の相手方は,もちろん貸金業者です。したがって,貸金業者が債権者となることが大半である個人の債務整理において非常に重要な法律であるといえます。

>> 貸金業法とは?

出資法

「出資の受入れ,預り金及び金利等の取締りに関する法律」という名称の法律があります。略して「出資法」と呼ばれます。

出資法は,さまざまな事項を規制していますが,借金についても重要な定めをしています。

すなわち,借金につき,出資法で定める上限金利を超える利率の利息を請求したり,収受したりすると,この出資法によって刑罰を科されることになります。

利息制限法には罰則がないため,刑罰を定める出資法は,暴利を抑制するために非常に重要な意味を持っています。

この出資法も,かつては利息制限法の制限利率と上限金利が異なるためにグレーゾーン金利を生じさせるという重大な欠点を持っていましたが,大幅に改正され,現在では,グレーゾーン金利はほぼ撤廃されています。

>> 出資法とは?

LSC綜合法律事務所のご案内

債務整理に強い弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,債務整理のご相談実績2000件以上の実績がある,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

>> 弁護士による債務整理の無料相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

このサイトがお役にたてたらシェアお願いいたします。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ