サイトマップ

過払い金返還請求

完済業者に対しても過払い金返還請求できるのか?

すでに支払いが終わっている貸金業者に対しても過払い金(過払金)返還請求をすることができるのでしょうか?ここでは,この完済業者に対しても過払い金(過払金)返還請求できるのかどうかについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

完済した貸金業者に対する過払い金返還請求

過払い金返還請求は,通常,債務整理の一環として行われるため,まだ形式上は借金が残っている場合に行われることが多いと思います。

もっとも,すでに全額借金を完済しているという場合もあります。そのような場合にも,貸金業者に対して過払い金返還請求はできるのかどうかという点が問題となってきます。

この点について結論を言ってしまえば,すでに完済している貸金業者に対しても,過払い金返還請求をすることは当然に可能です。

そもそも過払い金とは,利息制限法所定の制限利率を超える利率利息を支払った場合に,本来支払わなくてもよかったその制限超過利息を返してもらうというものです。

制限超過利息を支払うと過払い金は発生するのですから,過払い金の発生は,現在貸金業者と取引中であるかどうかは関係ありません。

取引中であろうと,すでにすべての返済を終えて取引が終了していようと,制限超過利息を支払っている以上,過払い金は発生します。

そして,過払い金が発生している以上は,不当利得返還請求権に基づいてその返還を求めることができます。これも,取引中であろうとなかろうと関係がありません。

したがって,すでに返済が終わって取引が終了している貸金業者(完済業者)に対しても,過払い金返還請求をすることができるのです。

>> 過払い金とは?

完済業者に対する過払い金返還請求の消滅時効

前記のとおり,すでに取引が終了している貸金業者に対しても過払い金の返還を請求することができます。

ただし,過去に取引のあった貸金業者すべてに請求できるというわけではありません。

過払い金返還請求権には消滅時効があります。過払金返還請求権の消滅時効の期間は,取引が終了した時から10年間です。取引の終了時とは,通常は,最後に返済をした時ということになるでしょう。

つまり,最後に返済をした時からすでに10年を経過してしまっている場合には,過払い金返還請求ができなくなってしまいます。

もうすぐ最終の返済の時から10年が経過してしまうという方は,早めに過払い金返還請求を検討する必要があります。

>> 過払い金返還請求権の消滅時効

完済業者に対する過払い金返還請求の無料相談

過去に貸金業者と取引があり,利息制限法所定の制限利率を超える利率の利息を支払っていたという方は,過払い金が発生していた可能性があります。一度,ご相談していただくとよいかも知れません。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,完済業者に対する過払い金返還請求のご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

LSC綜合法律事務所のご案内

過払い金返還請求に強い弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,債務整理のご相談実績2000件以上の実績がある,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

>> 弁護士による債務整理の無料相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ