サイトマップ

過払い金返還請求

過払い金(過払金)とは?

利息制限法の制限利率を超えて支払った利息は,元本充当後もなお余りがある場合,「過払い金(過払金)」として返してもらえる場合があります。ここでは,この過払い金(過払金)とは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

過払い金とは

過払い金(かばらいきん)という言葉は,どこかで聞いたことがあるという方もいるかもしれません。法律事務所のCMなどでも聞くことがあるかと思います。それだけ認知されてきた用語であるということでしょう。

具体的にはどういうものなのかというと,利息制限法の制限利率を超える利率利息を支払った場合,その制限を超える利息(制限超過利息)を返してもらう場合がありますが,この返してもらえる金銭のことを「過払金」と呼んでいます。

借金の利息の利率を制限する法律を利息制限法といいます。この利息制限法が規定する制限利率を超える利率の利息を受け取ることはできません。

仮にそのような制限超過利息を受け取っても,利息制限法の制限を超過する部分は無効となります。

制限超過利息は無効なのですから,それを受け取ったとしても,受け取るべき正当な理由がないということになります。

正当な理由なく受け取っているのですから,それはつまり,不当に受け取ったということになります。

この不当に受け取ったことになる利息制限法所定の制限超過利息は,不当利得となり,返還を請求できることになります。これが過払い金です。

過払い金と元本充当

ところで,この過払金ですが,利息制限法の超過部分を全部返してもらえるわけではないということには注意が必要です。

利息制限法の制限超過利息は,まず,借入金の元本に充当されます(利息・遅延損害金などが残っていればそちらから充当されます。)。つまり,払いすぎた分が借金の元本に組み入れられていくわけです。

返済をするたびにつぎつぎと制限超過利息がそれに充当されていきます。それによって,借金の元本はどんどんと減っていきます。

この払いすぎの状態が続き,元本等への充当が行われ続けていくと,いつか元本は全額なくなります。

要するに借金はなくなるというわけですが,このようにして借金がなくなった後も,それを知らずに(知らないのが通常だと思いますが)さらに払いすぎていく場合があります。

この元本を充当しきった後にもさらに利息制限法の制限超過利息を支払い続けた場合に発生するのが「過払金」なのです。

したがって,制限超過部分が返してもらえるのは,元本充当が終わったあとのものですので,支払ったすべての利息を返してもらえるというわけではないのです。その点は注意しておく必要があるでしょう。

どのくらいの期間の取引で過払い金が発生するのか?

どのくらいの期間,貸金業者との間で取引を継続していれば,この過払い金が発生するのかというのは,一概にはいえません。

それこそ,取引の内容,借入金額,返済金額,回数,支払い方によって異なってくるからです。

ただし,利息制限法を超える利息で,ずっと継続的に借入れや返済を繰り返していたという場合,一般的には,だいたい10年ほど取引を継続していた場合には,過払い金が発生している可能性が高いといえるでしょう。

債務整理と過払い金

前記のとおり,払いすぎた利息は,過払金として返還を請求できます。

過払い金を回収できれば,それを他の借金等の返済に充てたり,あるいは,それまでの返済によって苦しくなっていた生活を立て直すことも可能です。

そのため,自己破産個人再生任意整理などの債務整理手続と並んで,有効な債務整理の方法の1つとされています。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,過払い金返還請求の無料相談を実施中です。

近時,武富士の倒産等からも明らかなように,貸金業者の体力が衰えてきており,過払い金の回収が容易ではなくなってきています。過払い金返還請求をお考えの方がいらっしゃいましたら,お早めにご相談ください。

ご相談のご予約は 042-512-8890 までお電話ください。

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

LSC綜合法律事務所のご案内

過払い金返還請求に強い弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,債務整理のご相談実績2000件以上の実績がある,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

>> 弁護士による債務整理の無料相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ