サイトマップ

消滅時効の援用

消滅時効の援用による借金整理とは?

自己破産・個人再生・任意整理といった債務整理の方法以外にも,借金の整理に利用できる法的手段はあります。ここでは,消滅時効の援用による債務整理について,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

消滅時効の援用

ある特定の権利を一定期間行使しないままでいた場合,権利が行使されていないという事実状態を尊重して,その権利が法的に消滅してしまうという制度のことを,消滅時効といいます。

消滅時効は,消滅時効の期間経過後に,その権利の行使の相手方が援用(主張という程度の意味です。)することによって確定的に効力を生じることになります。

消滅時効の援用による債務整理

この消滅時効の制度を借金などの借金の整理に利用できる場合があります。

民法167条1項によれば,債権の消滅時効期間は10年とされています。つまり,債権は,それを10年間行使しないでいると消滅してしまうということです。

借金とは,債権者の側からみれば,金銭消費貸借契約に基づいて貸した金銭を返してもらうという債権です。これを貸金返還請求権といいます。

この貸金返還請求権も債権ですから,他の債権と同様,やはり消滅時効の対象となります。

つまり,一定期間行使されなかった貸金返還請求権に対して消滅時効を援用することによって,貸金返還請求権を消滅させることができます。簡単にいえば,借金を支払う義務も消滅してしまうということです。

この消滅時効の援用によって借金を支払わなくてよくなるわけですから,これにより借金を整理することができることになるというわけです。

貸金返還請求権の消滅時効は,原則は10年です。

しかし,サラ金(消費者金融)やクレジット会社(信販会社)などの貸金業者は商人です。そして,商人との取引に係る債権(商事債権)については,商事消滅時効という特殊な消滅時効が適用されます。

この商事消滅時効では,時効期間が通常の消滅時効よりも短縮されています。商事消滅時効の時効期間は,5年です。

したがって,サラ金や信販会社などからの借金(貸金返還請求権)は,5年で時効により消滅することになります。

ただし,消滅時効は中断させることができます。

中断とは,ある一定の出来事があった場合には,消滅時効期間がリセットされてしまうというものです。

つまり,時効中断事由があると,その時にそれまで進行してきた時効期間はリセットされ,再度1から時効期間が進行し始めるということです。

まとめると,サラ金や信販会社などの貸金業者からの借金は,時効中断がされないまま,返済期限から5年が経過すれば,(その途中で時効中断の措置がとられていない限り)消滅時効を援用して支払いを免れることができるということになります。

LSC綜合法律事務所のご案内

債務整理に強い弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,債務整理のご相談実績2000件以上の実績がある,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

>> 弁護士による債務整理の無料相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

このサイトがお役にたてたらシェアお願いいたします。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ