サイトマップ

自己破産

自己破産における少額管財とは?

自己破産の管財事件の手続には,「少額管財」という運用がなされている裁判所があります。ここでは,この自己破産における少額管財とは何かについてご説明いたします。

少額管財事件とは

自己破産の手続には,管財事件と同時廃止事件があります。

管財事件とは,裁判所によって破産管財人が選任され,その破産管財人が,破産者の財産を調査・管理・処分し,債権者に配当するという類型の破産手続です。

これに対し,同時廃止事件とは,破産管財人は選任されず,破産手続の開始と同時に破産手続が廃止により終了するという類型の手続です。

少額管財とは,上記のうちの管財事件について,裁判所に支払うべき予納金の金額を,通常の管財事件の場合よりも大幅に少額で済むようにしたものです。そのため,「少額管財」と呼ばれているのです。

>> 自己破産の手続の種類

自己破産を利用しやすくするという目的

管財事件においては,破産管財人が選任され,その破産管財人が財産調査・管理・処分・債権者対応や配当など,裁判所に代わって破産手続を主導していきます。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所でも,東京地方裁判所立川支部から破産管財人の選任を受ける場合がありますが,この破産管財人には弁護士が選任されることになっています,

言ってみれば,裁判所が,破産手続の遂行を,裁判所外部の弁護士に外注するようなものです。そのため,それらの職務を行うための費用がかかったり,また,破産管財人への報酬も支払う必要が生じてきます。

そのため,破産手続の遂行業務が煩雑なものであれば,それだけ費用もかさみますし,破産管財人に支払うべき報酬額も大きくなります。

そして,この破産手続費用や破産管財人報酬は,基本的に,破産者の財産から支出されることになりますので,自己破産の申立てに際して裁判所に支払わなければならない予納金も,高額となる場合があります。

この通常の管財事件の引継予納金は,基本的に50万円からとされています。もっとも,会社や法人であればともかく,一般消費者や中小企業では,この金額を一括で支払えないということも少なくないでしょう。

しかし,それでは,誰も自己破産を利用することができなくなってしまい,借金で苦しむ人の経済的更生を図ることもできなくなってしまいます。

そこで,個人消費者や中小零細事業者でも自己破産を利用して経済的更生を図れるようにするために,破産手続の予納金を少額化したものが,少額管財という手続なのです。

>> 予納金とは?

同時廃止の問題点・モラルハザード

前記のとおり,少額管財という制度は,予納金を少額化することによって,自己破産の手続を利用しやすくするという目的がありますが,それ以外にも理由があります。

それは,同時廃止におけるモラルハザードという問題です。

同時廃止の場合,破産管財人が選任されず,破産手続も開始と同時に終了するので,裁判所に支払うべき予納金は,管財事件に比べればはるかに少額で済みます。せいぜい,2万円程度でしょう。

そのため,費用面から,管財事件ではなく,同時廃止事件として自己破産の申立てが多くなされることになります。

ところが,同時廃止は,実質的には破産手続が行われないので,破産管財人による調査が行われないことになります。つまり,十分な資産の調査や免責の調査が行われないおそれがあるということです。

管財手続をとっていれば破産管財人が資産や免責不許可事由を調査しますから,これらを隠し通すことは難しいでしょうが,同時廃止手続ではそのような調査は行われませんから,こういう非合法な手法がまかり通ってしまう危険性があるのです。

場合によっては,同時廃止とするために,資産や免責不許可事由を隠して申し立てるというおそれがないわけではありません。しかし,それでは,債権者の利益をあまりにも害することになります。

そのような,同時廃止の申立てのモラルハザードとでもいうべき事態が多く生じたため,裁判所としても,同時廃止の運用に慎重にならざるを得ないという状態になりました。

とはいえ,破産管財人による十分な調査を行うためには,管財事件にしなければなりませんが,そうなると,今度は,前記のとおり,予納金が高額となり,個人消費者や中小零細企業の自己破産が妨げられることになります。

そこで,利用しやすい予納金の金額でも,管財事件として破産管財人による十分な調査ができるようにしたのが,少額管財という運用なのです。

少額管財はあくまで管財手続ですから,破産管財人による適切な調査が行われ,不当な資産隠し等を防止できます。

しかも,予納金が低額であるため,無理に同時廃止を申し立てることも防ぐことができるという制度運用なのです。

少額管財の特徴

前記のとおり,少額管財は,破産管財人の調査を経ることにより,資産隠しや免責不許可事由隠しなどの不正な申立てを予防しつつ,予納金を少額にして,個人や零細企業にも利用しやすいようにするために考え出された制度です。

もっとも,破産法には,「少額管財」という制度は規定されていません。少額管財は,法律上の特別な制度というわけではなく,あくまで,管財事件の予納金を少額で済むようにするという裁判所の運用の仕方です。

そのため,裁判所によっては,少額管財という運用をしていないところもあります。

東京地方裁判所本庁・立川支部では少額管財の運用がありますし,他の道府県でも多くの裁判所で少額管財が運用されていますが,なかには少額管財を運用していないという裁判所もありますので,あらかじめ確認しておく必要があるでしょう。

予納金が少額であること

この少額管財は,予納金の金額が少額となっています。予納金が少額ということは,破産手続費用も少額でなければなりませんし,破産管財人の報酬も少額で済まさなければならないということです。

東京地裁(立川支部を含む。)では,1万円強の官報公告費と20万円の引継予納金が原則となっています。

手続が簡易・迅速になっていること

上記のとおり,少額管財事件の場合には,予納金が定額となっています。

したがって,破産管財人の報酬や手続費用も少額となるということですから,少額管財となるのは,費用のかかるような財産管理処分などの業務がない事件で,破産管財人報酬が高額とならないような,処理が簡便な事件でなければならないということになります。

そのため,少額管財の場合には,通常の管財事件に比べて,複雑な手続・処理が行われない手続であるという特徴があるといえるでしょう。実際,少額管財の場合には,申立てから2~5か月程度で終了しています。

逆に,破産手続費用が高額となるような場合や処理が複雑となるような事件については,少額管財ではなく,通常の管財事件となることがあるといえます。

弁護士代理人による申立てが必要であること

破産管財人の負担軽減に関連して,少額管財の申立ては,申立ての代理人として弁護士を選任した場合だけしかすることができないというのも特色です。

弁護士が代理人となることによって,申立前にある程度まで調査を終わらせておくことにより,さらに手続の簡易・迅速化を図ろうというのが狙いです。

そのため,自分で申し立てる場合には,少額管財とはならず,通常の管財事件か同時廃止手続かのどちらかになってきます。

東京地方裁判所における運用

東京地裁本庁・立川支部では,少額管財の運用がなされています。現在では,申立件数全体の4割程度が少額管財であるとのことです。

実際,個人や中小企業の場合には,そのほとんどが同時廃止か少額管財になるといってよいと思います(法人の場合には,原則として,同時廃止とはならないという運用がなされています。)。

通常の管財事件となるのは,大企業やそれなりに大規模な中小企業,刑事事件絡みや債権者数が著しく多い場合などの紛争性の大きな会社破産の場合などに限られてきます。

東京地裁管内では,少額管財の場合,原則として引継予納金は20万円とされています。霞が関の本庁では,月5万円ずつの分割払いも可能とされています(立川支部では,原則として一括です。)。

また,手続の期間も,本庁・立川支部ともに,基本的には,申立てから2か月~5か月程度で終了することになります。

>> 少額管財事件の手続の流れ

このサイトがお役にたてたらシェアお願いいたします。

自己破産のことならLSC綜合法律事務所にご相談ください

自己破産申立てに強い弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,債務整理のご相談実績2000件以上,自己破産申立て250件以上,東京地方裁判所立川支部で破産管財人実績もある,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

>> 自己破産申立てに強い弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ