サイトマップ

自己破産

自己破産における管財事件と同時廃止事件とは?

自己破産の手続には,大きく分けて管財事件と同時廃止事件とがあります。ここでは,この自己破産における管財事件と同時廃止事件についてご説明いたします。

管財事件

破産手続とは,破産者の財産を換価処分して,債権者に公平に弁済・配当するという手続です。したがって,破産手続においては,破産者の財産を調査・管理・換価し,これを配当するという手続が必要となってきます。

もっとも,これら財産の管理業務等のすべてを裁判所が行うわけではありません。これらの手続をすべて裁判所が行うとなると,裁判所の負担が大きくなりすぎてしまいます。

そこで,これらの財産管理業務等は,裁判所が選任した破産管財人によって行われます。

破産管財人に選任されるのは,通常,破産管財人の登録をしている弁護士です(東京 多摩 立川のLSC綜合法律事務所の弁護士も,東京地裁立川支部の破産管財人に登録されています。)。

いってみれば,破産管財人は裁判所から外部の弁護士に外注され,破産管財人に選任された弁護士が財産の調査・管理・換価・配当などを行います。

裁判所は,基本的に,破産管財人の活動を監督するということになります。

この破産管財人が選任される破産手続のことを「管財事件」と呼んでいます。破産手続の基本形態はこの管財事件ですので,自己破産手続も,原則として,管財事件として進められていくことになります。

個人の自己破産における管財事件の場合は,後でご説明するように,通常の管財事件よりも手続が簡易化され,裁判所に納める予納金の金額が少額で済む,少額管財という手続によって進められるのが通常です。

なお,個人の自己破産の管財事件は,異時廃止(破産手続開始決定後に,破産財団をもって破産手続の費用を支弁するのに不足すると認められる場合になされる破産手続廃止の決定)によって終了することが多いことから,その場合には,異時廃止事件と呼ばれることもあります。

同時廃止事件

前記のとおり,破産手続は,管財事件を原則としています。

しかし,破産手続の目的は,破産者の財産を換価処分して債権者に弁済・配当することです。

したがって,そもそも換価処分すべき財産がないことが明らかな場合にまで,わざわざ破産管財人を選任して手続を進めていくというのも,(破産管財人にも報酬が支払わなければなりませんので)コスト的に無意味となってしまいます。

そこで,破産法では,「破産財団をもって破産手続の費用を支弁するのに不足すると認めるとき」は,破産手続開始決定と同時に,破産手続廃止決定がなされるとされています。

廃止の決定を,破産手続の開始と同時に行うことから,「同時廃止」と呼ばれています。

破産手続の廃止とは,破産者の財産を換価処分しても,破産手続の費用すら支払えない場合に,破産手続を終了させることをいいます。

つまり,同時廃止とは,破産手続を開始する段階から,すでに破産手続の費用を支払うだけの財産もないことが明らかであるときは,コストが無駄になるおそれがあるので,破産手続開始と同時に手続を廃止にしてしまうということです。

同時廃止事件では,破産手続の開始と同時に破産手続は終了してしまうのですから,当然,破産管財人が選ばれることもありません。極めて簡易に破産手続が終了することになるのです。

法律的にみれば,この同時廃止は破産手続の例外です。もっとも,個人の自己破産の場合には,この同時廃止事件が少なくありません。

東京地方裁判所でも,個人の自己破産事件の場合,管財(少額管財)事件が3~4割程度,同時廃止事件が6~7割程度のようです。

>> 同時廃止事件となるのはどのような場合か?

少額管財の運用

東京地方裁判所(立川支部を含む。)をはじめとして,多くの裁判所では,少額管財という運用がなされています。

管財事件は,破産管財人に報酬を支払うことから,裁判所に納める引継予納金の金額が高額となることがあります。

しかし,特に個人の自己破産ですと,そのような高額の予納金を支払うことすらできないという場合も少なくありません。

とはいえ,あくまで同時廃止事件は例外ですから,すべての事件を同時廃止とすることはできません。

また,破産管財人が選任されない同時廃止事件においては,同時廃止とするために虚偽申告等がなされるという問題も頻発していました。

そこで,予納金を少額におさえながらも,管財事件として破産管財人による調査をする「少額管財」という運用がなされるようになりました。

現在,東京地方裁判所(立川支部を含む。)では,個人の自己破産の管財事件のほとんどが,この少額管財によって行われています。おそらく,少額管財を行っている裁判所は,どこもそうだと思います。

ただし,この少額管財は,あくまで各裁判所の運用です。法律上は,少額管財という制度はありません。したがって,地域によっては,少額管財の運用をしていない裁判所もありますので,注意が必要です。

>> 少額管財とは?

自己破産のことならLSC綜合法律事務所にご相談ください

自己破産申立てに強い弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,債務整理のご相談実績2000件以上,自己破産申立て250件以上,東京地方裁判所立川支部で破産管財人実績もある,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

>> 自己破産申立てに強い弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

このサイトがお役にたてたらシェアお願いいたします。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ