サイトマップ

自己破産

否認権行使の可能性があると同時廃止にならないのか?

自己破産手続において否認権行使の可能性がある場合,同時廃止となるのかどうかの判断に影響を与える場合があります。ここでは,否認権行使の可能性があると同時廃止にならないのかについてご説明いたします。

同時廃止となる場合

【破産法 第216条 第1項】
裁判所は,破産財団をもって破産手続の費用を支弁するのに不足すると認めるときは,破産手続開始の決定と同時に,破産手続廃止の決定をしなければならない。

自己破産手続において同時廃止となるのは,上記条文のとおり,「破産財団をもって破産手続の費用を支弁するのに不足すると認めるとき」です。

ただし,あくまで「認めるとき」ですので,破産手続費用を支弁するだけの財産があるかどうかが不明な場合には,同時廃止とはなりません。

また,実務上,財産がないことが明らかな場合であっても,免責不許可事由がある場合や免責不許可事由がある可能性がある場合にも,同時廃止ではなく,管財事件になることがあります。

したがって,同時廃止になるのは,破産手続費用を支払うだけの財産がないことが明らかな場合であり,かつ,免責不許可事由がないことが明らかな場合ということになります。

>> 同時廃止となるのはどのような場合か?

判断の対象となる「財産」

同時廃止になるのかどうかの判断において問題となる「財産」とは,破産者が持っている財産そのもの全部というわけではありません。ここでいう財産は,破産財団に組み入れられる財産という意味です。

したがって,破産財団に組み入れられない自由財産はここでいう財産には含まれません。

法律上の自由財産だけでなく,裁判所の運用において自由財産の拡張により自由財産として扱われる財産も,原則としてここでいう財産に含まれないと考えてよいでしょう。

その意味では,破産手続費用を支払うだけの財産がないことが明らかな場合というのは,自由財産を除いた財産(ただし,現金だけは自由財産であっても,判断の対象に含められるのが通常です。)で破産手続費用を支払えないということが明らかな場合ということになります。

>> 自己破産の場合に処分しなければならない財産

否認権行使の可能性と「財産がないこと」の関係

破産者が,実際に,自由財産以外の財産を有していないことが明らかであるという場合には,原則として,破産手続費用を支払うだけの財産がないことが明らかな場合に当たります。

もっとも,実際には,現に破産者が財産を有していない場合でも,財産があるのではないかと疑いがもたれる場合がありえます。

例えば,財産隠しをしていると疑われるような場合です。使途不明な金銭の動きがある場合などが典型的な場合でしょう。

しかし,これだけではありません。使途不明などでないけれども,財産があるのではないかと疑われる場合があります。それは否認権行使の可能性がある場合です。

否認権とは,簡単に言うと,すでに第三者のもとへ流出した破産者の手元に無い財産を,一定の場合に,破産者のもと,つまりは破産財団に取り戻すという破産管財人の権能のことです。

この否認権が行使されれば,第三者のもとにある財産が破産者の財産として復帰することになります。場合によっては,破産手続費用を支払えるだけの財産が戻ってくるかもしれません。

否認権行使の可能性があるときは,財産が現に破産者の手元に無い場合であっても,財産があるという状態になる可能性があります。

そのため,否認権行使の場合には,財産がないとはいいきれないので,財産がないことが明らかな場合であるとはいえません。

したがって,否認権行使の可能性がある場合には,少額管財となり,同時廃止とはならないのが通常です。

ただし,否認権行使の額が僅少で,仮に否認権行使をしても破産手続費用を賄うだけの金銭回収が見込めないという場合には,同時廃止となることもあるでしょう。

>> 否認権とは?

否認権と同時廃止に関連する記事

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

自己破産のことならLSC綜合法律事務所にご相談ください

自己破産申立てに強い弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,債務整理のご相談実績2000件以上,自己破産申立て250件以上,東京地方裁判所立川支部で破産管財人実績もある,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

>> 自己破産申立てに強い弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ