サイトマップ

自己破産

非免責債権となる雇用関係等に基づく使用人の請求権とは?

免責されない非免責債権の1つに,「雇用関係に基づいて生じた使用人の請求権及び使用人の預り金の返還請求権」があります。ここでは,この非免責債権のうちの雇用関係に基づいて生じた使用人の請求権及び使用人の預り金の返還請求権について,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

雇用関係に基づく使用人の請求権及び使用人の預り金の返還請求権

【 破産法第253条第1項 】
免責許可の決定が確定したときは,破産者は,破産手続による配当を除き,破産債権について,その責任を免れる。ただし,次に掲げる請求権については,この限りでない。
⑤ 雇用関係に基づいて生じた使用人の請求権及び使用人の預り金の返還請求権

個人の方の自己破産の目的は,免責の許可を受けることです。免責とは,借金など債務の支払い義務を免除してもらうことをいいます。

もっとも,免責の許可を受けたかどうかにかかわらず,そもそも免責許可によっても,支払い義務を免れることができない債権というものがあります。そのような債権のことを非免責債権といいます。

この非免責債権の1つに,「雇用関係に基づいて生じた使用人の請求権及び使用人の預り金の返還請求権」があります(破産法253条1項5号)。

>> 自己破産における非免責債権とは?

雇用関係の意味

【 民法 第623条 】
雇用は,当事者の一方が相手方に対して労働に従事することを約し,相手方がこれに対してその報酬を与えることを約することによって,その効力を生ずる。

上記民法623条を見てください。「当事者の一方」とは,「使用者」のことです。つまり,雇用主です。他方,「相手方」とは,「労働者」のことです。「被用者」と呼ぶこともあります。

これを前提に条文を見ると明らかなように,雇用契約というのは,労働者の方で使用者に対して使用者のために労働しますよと約束する代わりに,使用者は労働者に対してその労働の対価として報酬を与えることを約束する契約である,ということになります。

雇用契約がこういうものだとすると,雇用関係のもっとも重要な要素は,労働者が使用者のために労働することと使用者がその労働の対価として労働者に対して報酬を支払うことであるということになります。

「労働」とその対価である「報酬」がキーポイントです。報酬とは規定されていますが,給料もこれに含まれます。

もう1つのポイントは,指揮命令関係です。つまり,雇用関係においては,労働者は使用者のために働くということが根底にあります。

そのため,労働者は,使用者の監督の下に指揮命令を受けて働くことが前提となります。

雇用関係に基づいて生じた使用人の請求権

「雇用関係に基づいて生じた使用人の請求権」とは何でしょうか?

まず,「使用人」とは,使用者によって使われる人です。そして,雇用関係に基づくものであるというのですから,つまりは,上記の労働者のことです。

そして,この使用人の「請求権」とは,使用人から使用者に対してなされる請求のことですから,つまりは,給料の請求権や退職金の請求権などが代表的な請求権となります。

ところで,この給料等の請求権のうちの一部は,破産法上「財団債権」と呼ばれる扱いがなされています。この財団債権も免責されません。

このように給料等の請求権のうち一部は財団債権であってそもそも免責されないにもかかわらず,どうして給料等の請求権をわざわざ非免責債権にもしているのでしょうか?

それは,財団債権とされる給料等の請求権は,一部にすぎないからです。

財団債権とされるのは,給料請求権のうち「破産手続開始前3か月間」のものに限られ,退職金請求権は「退職前3月前の給料の総額相当部分」のみに限られています。

したがって,それ以外の部分は財団債権とはならないというわけです。

しかし,これでは使用人には不利益です。そこで,使用人保護のために,財団債権とならない部分についても免責できないように,あえて非免責債権とされているのです。

使用人の預り金の返還請求権

「使用人の預り金」とは,文字どおり使用者が使用人から預かっている金銭です。積立金などがこれにあたります。これも,使用人保護の観点から非免責債権とされているのです。

なお,ここで問題となる給料等の請求権は,前にお話しした自由財産になるかどうかというお話とはまったく逆の話です。

自由財産になるかどうかは,破産した人が給料等を会社などに請求する場合の話です。つまり,破産者が使用人側の立場である場合です。

これに対して非免責債権になるかどうかは,破産した人が給料等を支払わなければならない場合の話です。つまり,破産者が使用者側の立場にある場合です。一応,付け加えておきます。

雇用関係に基づく使用人の請求権等に関連する記事

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

LSC綜合法律事務所のご案内

自己破産における非免責債権について,実際に弁護士に相談したいという方がいらっしゃいましたら,自己破産申立て経験200件以上,東京地方裁判所立川支部の破産管財人も務める自己破産の実績豊富な東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談ください。自己破産のご相談は無料です。

ご予約のお電話は【 042-512-8890 】です。お待ちしております。

※ご来訪相談となります。お電話・メールによるご相談は承っておりませんので,予めご了承ください。

>> 自己破産申立てに強い弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ