サイトマップ

自己破産

免責されない悪意の不法行為に基づく損害賠償請求権とは?

免責されない非免責債権の1つに「破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権」があります。ここでは,この非免責債権のうちの破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権について,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権

【 破産法第253条第1項 】
免責許可の決定が確定したときは,破産者は,破産手続による配当を除き,破産債権について,その責任を免れる。ただし,次に掲げる請求権については,この限りでない。
② 破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権

個人の方の自己破産の目的は,免責の許可を受けることです。免責とは,借金など債務の支払い義務を免除してもらうことをいいます。

もっとも,免責の許可を受けたかどうかにかかわらず,そもそも免責許可によっても,支払い義務を免れることができない債権というものがあります。そのような債権のことを非免責債権といいます。

この非免責債権の1つに,「破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権」があります(破産法253条1項2号)。

つまり,破産法253条1項2号では,不法行為に基づく損害賠償請求権のうちでも,それが悪意に基づくものである場合に限り,非免責債権としているということです。

>> 自己破産における非免責債権とは?

不法行為に基づく損害賠償請求権

【 民法 第709条】
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は,これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

破産法253条1項2号において非免責債権とされるのは,不法行為に基づく損害賠償請求権です。不法行為に基づく損害賠償請求権の根拠は,上記民法709条にあります。

不法行為に基づく損害賠償請求権が成立するための一般的な要件としては,以下のものが必要となります。

  • 他人の権利又は法律上保護される利益を侵害する行為(加害行為・権利侵害行為)
  • 権利侵害行為が故意または過失によること
  • 損害が発生したこと
  • 権利侵害行為と損害との間の因果関係

かなり抽象的な規定ですが,他人の権利や法律上保護される利益を侵害する行為を「加害行為」や「権利侵害行為」等と呼んでいます。どのような態様の行為かは限定されていません。

たとえば,暴力をふるって怪我をさせたり,人の物を盗んだりすることです。無論,これだけには限定されません。とにかく,権利・利益を侵害する行為が「加害行為」になります。

もちろん,ただ権利・利益を侵害しただけでは足りません。「故意」又は「過失」があることが求められます。

要するに,わざと加害行為をしたか,あるいは,必要な注意を怠ったために加害行為をしてしまったという場合でなければなりません。

何の故意も,過失もなく,人の権利を侵害してしまったりしたとしても,損害賠償の責任を負うことはないということです。

このように,故意又は過失による加害行為の結果,他人に「損害」を与えてしまった場合,その損害を賠償しなければならないということになります。

逆に言えば,故意・過失ある加害行為があっても,相手方に「損害」がなければ,損害賠償をする必要は無いということです。

さらに言うと,故意・過失による加害行為と損害の間に「因果関係」があることが必要となってきます。つまり,当該加害行為によって,当該損害が生じたと言えなければいけないわけです。

加害行為はしたけれども,損害はまったく違う原因で生じたという場合には,この「因果関係」がないので,損害賠償責任の問題とはならないということです。

不法行為に基づく損害賠償請求権の代表的なものをあげると,交通事故や医療事故などが分かりやすいと思います。

慰謝料の請求も,精神的損害の賠償ということで,この不法行為に基づく損害賠償請求権の問題になります。

もちろん,不法行為に基づく損害賠償請求権であるからといって,すべてが非免責債権になるというわけではありません。

非免責債権となる不法行為に基づく損害賠償請求権は,破産法253条1項2号と3号の場合に限られます。

そして,同2号において非免責債権とされるものは,「破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権」です。

>> 不法行為責任とは?

「悪意で加えた」の意味

非免責債権となるのは,不法行為に基づく損害賠償請求権のうちでも,「悪意で加えた」ものに限定されます。そこで,「悪意」の意味が問題となってきます。

「悪意」とは,法律用語としては,「何かを知っていること」という意味で使われることが多いのですが,不法行為の場合,加害者は不法行為に基づく損害賠償請求権があることは知っているのが通常ですから,ここでいう「悪意」を単に不法行為があったことを知っていることと考えるのも不自然です。

そうすると,ここでいう「悪意」には,もっと別の意味があると考えられます。

破産法253条1項3号との違い

ところで,破産法第253条第1項第3号には,「破産者が故意又は重大な過失により加えた人の生命又は身体を害する不法行為に基づく損害賠償請求権」が非免責債権になるとの規定があります。

この規定は,不法行為に基づく損害賠償請求権のうちでも,「人の生命又は身体を害する」ものに限定され,しかも,単なる故意・過失では足りず,「故意又は重大な過失」によるものでなければ非免責債権とはならないというように,かなり限定されています。

このように,破産法は,不法行為に基づく損害賠償請求権が非免責債権となる場合を,免責させてはならないようなひどいもの,破産しても被害者にはちゃんと賠償させなければならないようなひどいものだけに限定しようとしていることがうかがえます。

そして,第3号の場合は,人の生命・身体を害する不法行為という,相当被害者の保護の必要性が大きい不法行為のみが対象とし,それが「故意」又は「重過失」によってなされた場合にのみ限定しています。

これに対して,第2号の場合は,人の生命・身体を害する不法行為という限定はなく,どのような不法行為でも対象となるとする代わりに,「悪意で加えた」もののみ限定しています。

これらのことからすると,第3号にいう「悪意」は,「故意又は重大な過失」よりも悪質なものという意味がこめられているのだと考えることができます。

>> 故意・重過失による生命・身体を害する不法行為に基づく損害賠償請求権

「悪意」の意味

それでは,「悪意」とは,具体的にはどのような意味なのでしょうか?

「故意」とは,法的に言うと,認識していることを意味します。つまり,他人に損害を与えるような行為をしたことを自分で認識しているという意味です。

そこでは,他人に損害を与えてやろうとか困らせてやろうとかいう意図が働いているかどうかは問題となりません。 認識さえあれば「故意」ありといえるのです。

「悪意」は,この「故意」を超えるものというのですから,単に認識があるというだけでは足りないといえます。

つまり,「悪意」とは,他人の権利を侵害して損害を与えてやろうという意図が働いていることを意味すると考えることができます。 一般的な意味で使われる「悪意」に近いものだと考えることができるのです。

悪意で加えた不法行為に当たる場合

前記のように考えると,「悪意で加えた」不法行為というのは相当限定されると思います。具体的に言うと,犯罪行為やそれに近い行為によって損害を与えた場合のみが,これに当たるのではないでしょうか。

たとえば,他人の物を盗んだり,騙し取ったり,会社のお金を横領した場合とか,暴力によって怪我をさせたり,死亡させたり,精神的損害を与えたりしたような場合に限られると考えられます。

悪意の不法行為に基づく損害賠償請求権に関連する記事

LSC綜合法律事務所のご案内

自己破産における非免責債権について,実際に弁護士に相談したいという方がいらっしゃいましたら,自己破産申立て経験200件以上,東京地方裁判所立川支部の破産管財人も務める自己破産の実績豊富な東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談ください。自己破産のご相談は無料です。

ご予約のお電話は【 042-512-8890 】です。お待ちしております。

※ご来訪相談となります。お電話・メールによるご相談は承っておりませんので,予めご了承ください。

>> 自己破産申立てに強い弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ