サイトマップ

自己破産

自己破産・免責許可の条件(要件)とは?

自己破産をして免責を許可してもらうための条件(要件)としては,そもそも破産手続を開始してもらうための要件と,免責を許可してもらうための要件に分けることができます。破産手続を開始してもらうための要件としては,破産手続開始原因があること,破産障害事由が無いこと,破産手続開始・免責許可の申立てが適法であることが必要です。また,免責を許可してもらうための要件としては,免責不許可事由が無いことが必要です。ただし,免責不許可事由がある場合でも,裁判官の裁量によって免責が許可されることは少なくありません。

ここでは,自己破産・免責許可の条件(要件)について,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

自己破産・免責許可の条件(要件)

破産手続とは,破産者の財産を換価処分して,それによって得た金銭を各債権者に分配する裁判手続です。

破産者の財産を分配しても支払いきれなかった債務については,破産手続と同時並行的に行われる免責手続において,裁判所から免責許可の決定を受けると,支払義務を免れることができます。

この破産手続・免責手続は,債務者自身でも申し立てることができます。債務者自身が破産手続の申立てをすることを「自己破産(申立て)」と呼んでいます。

自己破産の手続は,破産法に基づく裁判手続です。そのため,法律で定める条件(法律要件)を充たしてしなければ利用できません。

自己破産の条件という場合,大きく分けると,2つに分けることができます。1つは,破産手続を開始してもらうための条件,もう1つは,免責を許可してもらうための条件です。

以下では,破産手続を開始してもらうための条件と免責を許可してもらうための条件に分けて説明します。

>> 自己破産とは?

破産手続を開始してもらうための要件

自己破産をする最大の目的は,裁判所に免責を許可してもらい,債務の支払義務から免れることにあります。

とはいえ,そもそも破産手続を開始してもらえなければ,免責手続も始まりませんから,免責許可を受けることができません。

自己破産の手続を開始してもらうためには,以下の要件を充たしていなければいけません。

  • 破産手続開始原因があること
  • 破産障害事由がないこと
  • 破産手続開始・免責許可の申立てが適法であること

これらの要件を充たしていなければ,自己破産の手続を開始してもらうことができません。

>> 破産手続開始の要件とは?

破産手続開始原因があること(支払不能であること)

破産手続開始原因とは,破産手続が開始される原因となる事実のことをいいます。具体的には,債務者が「支払不能」または「債務超過」であることを指します。

破産する債務者が自然人(個人)の場合には,「支払不能」のみが破産手続開始原因となります(債務者が法人の場合は,「支払不能」と「債務超過」のいずれもが破産手続開始原因になります。)。

支払不能とは,弁済能力の欠乏により,債務者弁済期の到来した債務を,一般的かつ継続的に弁済することができないと判断される客観的状態のことをいいます。

この支払不能の状態になっている場合でなければ,破産手続を開始してもらえません。収入が十分で,特に生活に困ることもなく債務を返済できているような場合には,自己破産を利用できないということです。

>> 破産手続開始原因とは?

破産障害事由がないこと

破産手続開始原因がある場合でも,破産障害事由が存在する場合には,破産手続を開始してもらえません。

破産障害事由には,以下のものがあります。

  • 破産手続費用の予納がないこと(予納金を納付していないこと)
  • 不当な目的でまたは不誠実な申立てであること
  • 破産以外の倒産手続(個人再生手続など)が開始されていること

これらの破産障害事由がある場合には,破産手続を開始してもらえません。

>> 破産障害事由とは?

破産手続開始・免責許可の申立てが適法であること

破産手続は裁判手続ですから,破産開始原因があり,破産障害事由もない場合でも,破産法や破産規則の定めに従った申立ての手続を履践していなければ,破産手続も免責手続も開始してもらえません。

自己破産の申立てが適法となるためには,具体的には,以下の要件が必要となります。

  • 債務者(破産者)に破産能力があること
  • 申立人に破産手続開始申立権があること
  • 申立ての方式に不備が無いこと
  • 手数料を納付したこと
  • 申立てをした裁判所に管轄があること

破産能力とは,破産者となることができる一般的な地位または資格のことです。日本国内に在住している人であれば,破産能力があるのが通常でしょう。

また,自己破産は,債務者自身が破産申立てをする場合ですので,破産手続開始の申立権があることの要件を充たしていることになります。

申立ての方式は,破産手続開始・免責許可の申立書を裁判所に提出する方式で行います。提出する裁判所は,個人の自己破産の場合,住所地を管轄する地方裁判所です。

申立書には,破産法や破産規則または各裁判所が定めている記載事項を記載し,必要な書類を添付する必要があります。また,手数料は,1500円分の収入印紙を申立書に貼付して納付します。

これらの手続を履践してはじめて,破産手続を開始してもらうことができるのです。

免責を許可してもらうための要件

前記のとおり,自己破産をする最大の目的は,裁判所に免責を許可してもらい,債務の支払義務から免れることにあります。

破産手続を開始してもらえても,最終的に免責を許可してもらえない(免責不許可となる)のでは,債務者にとっては意味がありません。

免責を許可してもらうための要件は,「破産法252条1項各号に定められている免責不許可事由が無いこと」です。

免責不許可事由には,以下のものがあります。

  • 債権者を害する目的で,債権者に配当すべき財産を「隠匿」したこと
  • 債権者を害する目的で,債権者に配当すべき財産を「損壊」したこと
  • 債権者を害する目的で,債権者に配当すべき財産を他人に贈与してしまうなど債権者に「不利益となる処分」をしたこと
  • 債権者を害する目的で,債権者に配当すべき財産の管理を怠るなどして「破産財団の価値を不当に減少させる行為」をしたこと
  • 破産手続開始を遅らせる目的で,いわゆるヤミ金などから利息制限法に違反するような高利で金銭の借入れをするなど「著しく不利益な条件で債務を負担」したこと
  • 破産手続開始を遅らせる目的で,クレジットカードで購入した商品を低廉な金額で換金してしまうなど「信用取引により商品を買い入れてこれを著しく不利益な条件で処分」(換金行為)したこと
  • 特定の債権者に対してだけ特別な利益を与える目的またはその他の債権者を害する目的で,法的な義務もないのに,その特定の債権者に対する債務について担保を設定したり,返済をしてしまう(非義務的偏頗弁済)などの行為をしたこと
  • 収入に見合わない買い物や遊興などの「浪費」によって,著しく財産を減少させまたは過大な債務を負担したこと
  • パチンコ・パチスロ・競馬・競艇・競輪などの「賭博」をしたことによって,著しく財産を減少させまたは過大な債務を負担したこと
  • 株取引・FX取引・先物取引・仮想通貨取引などの「射幸行為」をしたことによって,著しく財産を減少させまたは過大な債務を負担したこと
  • 破産手続開始の申立てがあった日の1年前の日から破産手続開始の決定があった日までの間に,すでに借金の返済ができなかったり,借金の返済を停止していることを知りながら,そのような事実がないと信じさせるために嘘をつくなどして金銭を借り入れたり,クレジットカードで物品購入をするなどの行為をしたこと
  • 日々の出納帳・決算書・確定申告書など業務及び財産の状況に関する帳簿,書類その他の物件を「隠滅」「偽造」「変造」したこと
  • 一部の債権者だけわざと除外するなど,虚偽の債権者名簿・債権者一覧表を裁判所に提出したこと
  • 破産手続において裁判所が行う破産審尋などの調査において,説明を拒みまたは虚偽の説明をしたこと
  • 脅迫・暴行・欺罔行為など不正の手段により,破産管財人,保全管理人,破産管財人代理又は保全管理人代理の職務を妨害したこと
  • 過去に自己破産で免責許可決定を受けたことがあり,その過去の免責許可決定確定の日から,今回の免責許可申立ての日までに,7年が経過していないこと
  • 過去に個人再生の給与所得者等再生で再生計画認可決定を受けたことがあり,その過去の再生計画認可決定の日から,今回の免責許可申立ての日までに,7年が経過していないこと
  • 過去に個人再生のハードシップ免責の許可を受けたことがあり,そのハードシップ免責許可を受けた過去の再生計画認可決定の日から,今回の免責許可申立ての日までに,7年が経過していないこと
  • 債権者集会等で破産に関して必要な説明をしなかったこと
  • 裁判所に財産に関する書類等を提出しなかったこと
  • 裁判所または破産管財人の調査に協力しなかったこと

これらの免責不許可事由に該当する事実がある場合には,原則として,免責の許可を受けることができません。

>> 免責不許可事由とは?

裁量免責

免責不許可事由がある場合でも,,必ず免責不許可となるわけではありません。裁判官の裁量によって免責が許可されることがあります。これを「裁量免責」といいます。

実際,免責不許可事由がある人でも,この裁量免責によって免責を許可してもらえる人が大半です。したがって,免責不許可事由があるからといって,直ちに自己破産を断念する必要はありません。

裁量免責は,「破産手続開始の決定に至った経緯その他一切の事情を考慮して」判断されます。

特に重要な事情は,裁判所や破産管財人の調査や指示に誠実に対応し,破産手続に協力することです。不誠実な対応をしないよう真摯に臨めば,裁量免責が認められる可能性は高いでしょう。

>> 裁量免責とは?

自己破産するとどうなるのかに関連する記事

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

自己破産のことならLSC綜合法律事務所にお任せください

自己破産申立てに強い弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,債務整理のご相談実績2500件以上,自己破産申立て300件以上,東京地方裁判所立川支部で破産管財人実績もある,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

自己破産のご相談は「無料相談」です。まずはご相談ください。

※なお,お電話・メールによるご相談は承っておりません。弊所にご来訪いただいてのご相談となりますので,あらかじめご了承ください。

>> 自己破産申立てに強い弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

LSC綜合法律事務所ロゴ

所在地
〒190-0022東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話
042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ