サイトマップ

自己破産

自己破産にはどのようなメリットがあるのか?

債務整理の方法の1つに「自己破産」があります。ここでは,この自己破産をするとどのようなメリットがあるのかについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

自己破産と免責許可

破産手続とは,債務者の財産を処分して換価し,それによって得られた金銭を債権者に公平に分配するという手続です。

あくまで,財産の換価処分と配当が破産手続です。一般に言われている借金の支払義務を免除してもらうというのは,厳密にいえば,破産の効果ではありません。

では,借金の支払義務の免除とはどのような場合に認められるのかというと,裁判所によって免責が許可された場合に認められます。この免責許可は,破産手続とは異なる免責手続によって判断されることになります。

とはいっても,実際には,破産手続と免責手続は同時並行的に行われるのが原則です。

自己破産の申立てにおいては,破産手続開始の申立てと一緒に免責許可の申立てが行われるのが通常ですので,両者は,実質的には一体の手続といってよいでしょう。

つまり,破産手続により債務者の財産が換価処分されて債権者に配当され,それでも支払いきれなかった債務は,免責許可によって支払義務が免除されるということになるのです。

>> 自己破産とは?

自己破産のメリット

さて,自己破産のメリットですが,言うまでもなく,免責許可決定によって,借金の支払義務が免除されることです。

本来であれば,支払わなければならない借金を支払う必要が無くなるというのですから,この効果は,債務整理においてこれ以上なく非常に強力なものです。

自己破産の最大のメリットは,まさにこの免責を受けることが出来るということに尽きるように思います。

借金を支払わなくてよくなれば,返済や取立てで苦しむこともなくなりますし,新たに生活を立て直すことが可能となります。最も決定的な債務整理の方法といってもよいでしょう。

しかも,個人の方の自己破産の場合には,生活に必要最低限の財産は,自由財産といって,処分しなくてもよいものとされています。

そのため,自己破産をすると,生活に必要となる最低限の財産を残したまま,借金の支払い義務を免れることができますので,生活を立て直すことが容易になるというメリットがあるのです。

その他のメリット

また,自己破産の申立てによって破産手続が開始されると,債権者による個別の取立てや強制執行が禁止されることになりますし,すでになされている強制執行も停止されます。

したがって,取立が厳しい場合にはこの取立も停止されますし,給料等を差し押さえられているような場合も差押えが停止されることになります。

これら,取立てや強制執行等の停止も,自己破産のメリットといえるでしょう。

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

自己破産でお悩みならLSC綜合法律事務所まで!

自己破産申立てに強い弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,債務整理のご相談実績2000件以上,自己破産申立て250件以上,東京地方裁判所立川支部で破産管財人実績もある,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

>> 自己破産申立てに強い弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ