サイトマップ

自己破産

自己破産とは?

破産手続の開始は,債権者だけでなく,債務者自身も申し立てることができます。債務者が自ら裁判所に対して破産手続開始を申し立てることを「自己破産」と呼んでいます。

債務整理の方法の1つに「自己破産」があります。ここでは,この自己破産とは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士が分かりやすくご説明いたします。

自己破産とは

破産手続とは,裁判によって,破産者の財産を換価処分して,それによって得た金銭を債権者に公平に配当する手続のことをいいます。破産手続については,破産法という法律において規定されています。

破産手続は,裁判所に破産手続開始の申立てをすることによって開始されます。この破産手続開始の申立ては,債権者と債務者のいずれもすることができます。

債権者が破産手続開始の申立てをすることを「債権者破産申立て」と呼んでいます。

これに対し,破産する債務者が自分で自分の破産手続開始の申立てをすることを,自分で申し立てる破産という意味で,「自己破産」と呼んでいます。

>> 破産手続とは?

自己破産と借金返済義務

一般的には,個人の方が自己破産をすると,借金を返済する義務が免除されるというように思われています。間違いというわけではないのですが,厳密に言うとちょっと違います。

前記のとおり,破産手続とは,あくまで破産者の財産を処分してそれを債権者に配当する手続です。

しかし,破産者の財産が債務よりも少なければ,配当しても支払いきれない部分がでてきます。破産手続では,この支払いきれなかった部分については特に何もなされません。

破産者の財産を処分しても支払いきれない借金・債務の支払い義務については,免責手続という破産手続とは別個の手続によって,免責を認めることができるかどうか,つまり,借金の支払義務を免除してよいかどうかを判断することになります。

つまり,破産手続において財産を処分しても支払い切れない債務については,免責手続において免責許可決定を受けることによってはじめて支払義務を免除してもらえるのです。

通常,この免責手続と破産手続は並行して進行していきます。

したがって,正確にいうと,破産・免責の両手続によって,破産者の財産を処分して債権者に配当し,それでも支払いきれない部分の支払い義務は免責されることになるのです。

>> 自己破産における免責とは?

自己破産のメリット

クレジット会社やサラ金などの借金を整理する方法を総じて「債務整理」と呼んでいます。この債務整理の方法の1つとして自己破産は有効です。

実際,相当数の方が,この自己破産の手続を利用して債務整理をしています。

全国でみると,自己破産の件数は,毎年,概ね7~9万件ですから(平成29年は約7万6000件),かなり多くの方が利用していると言ってよいでしょう。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所でも,これまでに300件以上,自己破産のご依頼をいただいております。

自己破産の最大のメリットは,前記のとおり,免責です。裁判所によって免責が許可されれば,借金の返済義務を免れることができます。

言い方はよくないかもしれませんが,要するに,借金をチャラにすることができるということです。

また,自己破産手続が始まると,債権者からの取立てだけではなく,債権者による訴訟提起や強制執行なども禁止となります。

債権者からの請求がなくなり,免責が許可されれば,借金を返済しなくてよくなりますから,取立てを恐れる必要はなくなり,平穏な生活を取り戻しながら,計画的に生活を立て直すことが可能になります。

そのため,自己破産は,債務整理においても最も強力な効果を持つ方法といえるでしょう。

>> 自己破産のメリットとは?

自己破産のデメリット

前記のとおり,自己破産には,借金の支払義務を免除してもらえるという非常に強力な効果があります。

しかし,効果が強力である反面,一定のデメリットも存在します。具体的には,以下のようなデメリットがあります。

  • 一定の財産を処分しなければならない。
  • 破産手続中,一定の資格を利用できなくなる
  • 破産手続中,郵便物が破産管財人に転送される。
  • 破産手続中,住居を移転したり,長期出張や旅行に行く場合に裁判所の許可が必要になる。
  • 自己破産をしたことが官報に公告される。
  • ブラックリストに登録されるため,10年間程度,新たな借入れをしたり,ローンを組むことが非常に難しくなる。

これらのデメリットも踏まえて,自己破産を選択するかどうかを検討しなければなりません。

>> 自己破産のデメリットとは?

自己破産に対する誤解

上記のとおり,自己破産には一定のデメリットが存在します。もっとも,自己破産のデメリットについては,間違った情報や誤解も少なくありません。

インターネットなどで出回っている情報として誤解があるものとしては,以下のようなものがあります。

自己破産をすべきかどうかを判断する際には,間違った情報に左右されずに正しい情報をもって判断する必要があります。

同時廃止手続と管財手続

破産手続の原則形態は,裁判所によって破産管財人が選任され,その破産管財人が,破産者の財産を調査・管理・換価処分して,それによって得た金銭を各債権者に弁済または配当する「管財手続」です。

もっとも,破産手続開始の時点ですでに,破産手続費用(主に破産管財人報酬)を支払うだけの財産さえ無いことが明らかな場合や,免責不許可事由が無いことが明らかな場合もあります。

そのような場合に,あえて破産管財人を選任するのは無駄になります。

そこで,破産手続においては,例外的手続として,破産管財人を選任せず,破産手続開始と同時に破産手続が廃止される「同時廃止手続」があります。

同時廃止手続では破産管財人が選任されませんから,当然,破産管財人による調査等も行われません。そのため,同時廃止手続の場合は,管財手続の場合よりも,破産手続の期間が短く,また,費用も廉価で済みます。

費用が少額で済むのかどうかは,意外と切実な問題です(なお,東京地裁立川支部では,管財手続になる場合でも,個人の自己破産の場合には,引継予納金が少額で済む「少額管財」になるのが通常です。)。

したがって,自己破産をした場合に,管財手続となるのか,同時廃止手続となるのかについても,ある程度の見通しを立てておく必要があります。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,自己破産の無料相談・ご依頼を承っております。借金問題でお悩みの方,まずはご相談ください。ご予約は【042-512-8890】までお電話ください。

>> 自己破産における管財事件と同時廃止事件とは?

自己破産手続の基本的な流れ

自己破産および免責の手続を開始してもらうためには,管轄の地方裁判所に対して,破産手続開始・免責許可の申立書を提出する方式で,破産手続開始の申立てと免責許可の申立てを行う必要があります。

申立書を受理した裁判所は,その内容を審査して,要件を充たしていると判断すれば,破産手続開始の決定をします。この際に,管財手続とするか同時廃止手続とするかも決められます。

東京地方裁判所本庁では,弁護士が代理人となっている事件については,申立てに際して,その代理人弁護士と裁判官が協議をする「即日面接」の運用がされています。

同時廃止に決まった場合には,破産手続開始と同時に破産手続は廃止になるので,あとは免責をどうするかを決めるだけになります。

他方,管財手続に決まった場合には,破産手続開始の決定と同時に破産管財人が選任され,その破産管財人により,財産の調査や換価,債権調査,免責調査,その他清算処理が行われます。

破産手続が開始されると,破産者は破産管財人の調査等に協力する義務を負います。その一環として,開始後,破産管財人と打ち合わせを行うのが通常です。

なお,東京地裁本庁に関しては,申立て後,破産手続開始までの間に,破産管財人候補者と打ち合わせをしなければならないことになっています。

同時廃止の場合には,破産手続開始・廃止から概ね2~3か月後に,裁判所において免責について検討するための免責審尋が行われます。破産者もこれに出頭する必要があります。

管財手続の場合は,破産手続開始から概ね3~4か月後に,裁判所において債権者集会が行われます。やはり,破産者も出頭する必要があります。

すでに破産管財人の業務が終了していれば,第1回の債権者集会で破産手続は終了するか,または,配当があれば配当手続を残すのみとなり,引き続いて免責審尋が行われます。

債権者集会の時点で破産管財業務が終了していない場合には,債権者集会は,第2回,第3回・・・と続行されていきます。

免責審尋後,裁判所によって免責許可(または不許可)の決定がされます。免責に関する決定は,審尋当日にされる裁判所もあります。東京地裁では,概ね審尋後1週間ほどで決定がされています。

>> 自己破産手続の流れ(東京地裁の少額管財の場合)

自己破産に関連する記事

この記事がお役にたちましたらシェアお願いいたします。

自己破産のことならLSC綜合法律事務所にお任せください

自己破産申立てに強い弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,債務整理のご相談実績2500件以上,自己破産申立て300件以上,東京地方裁判所立川支部で破産管財人実績もある,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

自己破産のご相談は「無料相談」です。まずはご相談ください。

※なお,お電話・メールによるご相談は承っておりません。弊所にご来訪いただいてのご相談となりますので,あらかじめご了承ください。

>> 自己破産申立てに強い弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

LSC綜合法律事務所ロゴ

所在地
〒190-0022東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話
042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ