サイトマップ

自己破産の申立て

自己破産の申立ての記事一覧・INDEX

東京地裁での申立て

相殺の禁止

別除権

取戻権

自己破産申立ての概要

自己破産というと,あまり良いイメージはないかと思います。しかし,自己破産に対するイメージの多くは誤解である場合が少なくありません。

破産手続とは,一定の財産を処分する代わりに,それでも支払いきれない借金の支払義務を免除してもらうという手続です。この破産手続の申立てを,債務者自らが行うことを自己破産といいます。

自己破産には,破産管財人による調査が入る管財手続と,それを要しない同時廃止の手続があります。

管財手続のうちで,裁判所に納めなければならない予納金の金額を少額にしてもらえる管財手続のことを少額管財といいます。個人の方の自己破産の場合には,この少額管財が選択されるのが通常です。

自己破産には,借金を免責してもらえるという,非常に強力な効果があります。しかし,その半面,一定の財産の処分が必要である,資格を使った仕事が制限される,住居の移転に強化必要となる,郵便物が破産管財人によって調査される,ブラックリストに10年間程度登録されるなどのデメリットもあります。

また,偏頗弁済をしてしまった,ギャンブルなどで借金を増やしてしまった,換金行為をしてしまったなどの免責不許可事由には,免責を受けることができなくなってしまうこともあります。

しかし,すべての財産の処分が必要となるわけではなく,生活に必要な最低限の財産は処分しないでよいこととされていますし,免責不許可事由があっても,裁判所の裁量によって免責を受けることができる場合もあります。

この自己破産には,デメリットを考えても余りあるほどの強力な効果があるといえます。その意味で,債務整理の最終的な手段と言うことができます。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,自己破産のご相談を完全無料としております。自己破産をお考えの方,お気軽にお問合せください。

LSC綜合法律事務所のご案内

自己破産の申立てでお悩みの方がいらっしゃいましたら,自己破産のご依頼実績250件以上,東京地方裁判所立川支部で破産管財人も務める,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

>> 自己破産申立てに強い弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

このサイトがお役にたてたらシェアお願いいたします。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ