サイトマップ

特定調停

特定調停の手続はどのような流れで進むのか?

自己破産・個人再生・任意整理といった債務整理の方法以外で借金の整理に利用できる方法として特定調停手続があります。ここでは,特定調停の手続の流れについてご説明いたします。

STEP1 特定調停の相談

特定調停を利用する場合,まずは申立てを予定している簡易裁判所の窓口に行き,特定調停の手続について聞いておくのがよいでしょう。また,その際に,申立書の書式や申立てのために必要となる書類,費用なども教えてもらえます。

次へ

STEP2 特定調停申立書の作成

特定調停を利用するためには,申立書を簡易裁判所に提出する必要があります。申立書の書式は,申立てをする簡易裁判所に用意されている場合が多いと思いますので,それに従って作成することになるでしょう。

また,申立書には,現在有している財産を記載した財産の明細書や債権者の一覧表を添付する必要があります。その他にも,住民票の写し,債権者が会社である場合にはその会社の登記簿謄本,契約書類などの添付も必要となります。

次へ

STEP3 特定調停の申立て

特定調停は,原則として簡易裁判所に申立書を提出して申立てをすることになります。申立書は,裁判所用(正本),債権者用(副本)を提出します。提出は不要ですが,ご自分の控えも用意しておきましょう。

手数料(収入印紙)や郵券(郵便切手)も一緒に提出する必要があります。収入印紙代は,債務の金額によって異なってきます。郵便切手は裁判所によって異なります。あらかじめ確認しておいた方がよいでしょう。

申立てをする簡易裁判所等は,相手方債権者の本店・営業所所在地を管轄する簡易裁判所になります。複数の債権者がいる場合には,そのうちのどれか1つについて管轄があれば,その裁判所ですべて取り扱ってもらえる場合があります。

次へ

STEP4 債権者への通知

申立てが適法になされると,裁判所から各債権者に,特定調停が開始されたことの通知がなされます。この通知がなされると,任意整理において弁護士が受任通知を送付した場合と同じように,貸金業者や債権回収会社などからの直接の取り立ては停止します。

また,この通知と併せて,裁判所から債権者に対して契約書類や取引履歴の提出を求めてくれるのが一般的です。さらに,第1回の調停期日が設定されることになります。申立てから約1か月後くらいに第1回期日が設定されるのが通常です。

次へ

STEP5 第1回調停期日

第1回の調停期日では,債務者の方だけが呼び出されるのが通常です。そして,調停委員と債務の状況や返済計画などについて話し合うことになります。

次へ

STEP6 第2回以降の調停期日

第2回以降の調停期日には,債権者も呼び出されることになります。そして,債権者もまじえて話し合いをしていくことになります。

もっとも,実際に対面して話し合いをするわけではなく,交互に調停委員が一方から話を聞き,その間,他方は別室で待機しています。そして,一方から聞いた話を,調停委員が相手方に伝えるという方式がとられることが多いと思います。

なお,貸金業者などは,通常,出頭はしてきません。電話で貸金業者側の担当者と話をするというのが一般的でしょう。

第2回期日で話合いが付けば,当事者が合意した条項が調停調書に記載され,調停は終了します。しかし,話合いがつかなければ,3回,4回・・・ と続いていくことになります。

次へ

STEP7 調停調書の作成・17条決定

話し合いがまとまった場合には,裁判所の方で,話し合いの結果をまとめた調停調書を作成してくれます。以降は,この調書に記載された内容に従って返済をしていくことになります。

仮に話し合いがつかなかった場合でも,それまでの話し合いに基づいて,裁判所が妥当と考える返済条件で決定をしてくれる場合があります。これを17条決定といいます。

決定に対して異議がなされない場合には,その内容で返済をしていけばよいということになります。

このサイトがお役にたてたらシェアお願いいたします。

債務整理ならLSC綜合法律事務所にお任せください

特定調停や借金整理でお困りの方がいらっしゃいましたら,債務整理の相談実績2000件以上の東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。ご相談は無料です。

>> 弁護士による債務整理の無料相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ