サイトマップ

特定調停

特定調停申立書の添付書類・資料

特定調停申立書には,各種の書類や資料などを添付する必要があります。ここでは,特定調停申立書にはどのような書類や資料を添付すればよいのかについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

特定調停申立書の添付書類・資料

特定調停を申し立てるには,管轄の裁判所に対して,特定調停の申立書を提出する必要があります。この特定調停の申立書には,「特定債務者であることを明らかにする資料等」や「関係権利者一覧表」といった書類を添付しなければなりません。

もっとも,これらだけではなく,それらの書類の内容を証明する書類や資料も添付する必要があります

>> 特定調停申立書の書き方

申立人に関する書類・資料

当たり前のことですが,申立人の身元を明らかにする書類を添付する必要があります。具体的には,住民票の写しを添付することになります。できる限り最新のものがよいでしょう。基本的には申立てから2月以内のものがよいと思います。

なお,調停当日は本人確認がなされる場合がありますので,本人確認ができる証明書,具体的には免許証やパスポート,住民基本台帳カードなど写真付きの証明書を持参してください。また,印鑑が必要な場合もありますから,印鑑も忘れずに持参しましょう。

相手方に関する書類・資料

申立書には,相手方に関する資料も添付します。

相手方が法人(会社)であれば,その法人の登記簿謄本(現在事項証明書)と相手方との間の契約書等を添付します。現在事項証明書は法務局で取り寄せることができます。相手方が個人の場合には,その相手方との間の契約書等を添付します。

契約書がない場合は,領収書や請求書を,それも無い場合には,相手方との間で取引をした銀行等の通帳の写しなどを添付することがあります。

なお,相手方が貸金業者等であれば,調停開始後,裁判所からの要求によって相手方の方から取引の履歴を提出してきますから,申立ての時点で何も資料が残っていないとしても,それほど問題とはなりません。

紛争の要点に関する書類・資料

紛争の要点には,相手方に対する債務に関する資料を添付する必要があります。

どのような資料を添付するのかと言うと,紛争の要点の書式に記載してあるとおり,相手方との間で取り交わした契約書の写し,領収書の写しなどです。また,取引履歴などをすでに相手方から取り寄せてあるのであれば,それも添付します。

前記のとおり,取引履歴などは,手続が始まった後に相手方から提出されることがありますので,申立ての時点では,とりあえず手持ちの資料を提出しておけば十分です。

また,いずれもないという場合には,相手方との間の取引で利用した銀行口座等の通帳の写しを添付するということもあります。

資産等に関する書類・資料

資産があるという場合には,その資産に関する資料を添付する必要があります。どのような資料を添付するかは持っている資産によって異なります。どのような資料を添付するかについては,裁判所に問い合わせておいた方がよいでしょう。

参考として,下記には,自己破産個人再生の申立てをする場合に必要となる資料を挙げておきます。

不動産がある場合には,不動産の登記簿謄本,固定資産評価証明書,査定書等を添付します。査定書は不動産屋さんなどでとってもらうことになります。

自動車やバイクがある場合には,車検証,査定書等を添付します。自動車等の査定書は,中古車買取ショップなどでとってもらっても大丈夫です。

預貯金がある場合には,その通帳のコピーや残高証明書等を添付します。

解約返戻金がある積立型の生命保険等に入っている場合には,その保険証券,解約返戻金の証明書等を添付します。個

人事業者の方であれば,事業用資産についての資料も添付し,できれば査定をとって査定書も添付しておくべきです。

生活状況に関する書類・資料

生活状況に関して添付する資料は,特に収入に関する資料を添付します。

会社員等の方であれば,給与明細を添付します。直前3か月程度の給与明細の写しを添付しておくのが良いと思います。また,過去2年分くらいの源泉徴収票の写し,課税証明書等も添付するのが望ましいでしょう。

自営業者等の方であれば,確定申告書の写しを添付します。また,直近3か月分くらいの売上等を記載した帳簿なども必要となる場合があります。

収入印紙・郵券

手数料(収入印紙で支払うことになります。)は申立てをする相手方の数によって異なります。相手方1人(1社)につき,500円となっています。

郵券代は申立てをする裁判所によって異なりますので,これもあらかじめ問い合わせをしておくのがよいでしょう。なお,東京簡易裁判所では1450円で,債権者が1人増えるごとに250円が追加されます。1450円は,80円切手17枚と10円切手が9枚で用意します。追加の250円は,80円切手3枚,10円切手1枚で用意します。

>> 特定調停のQ&A(裁判所HPから)

このサイトがお役にたてたらシェアお願いいたします。

債務整理ならLSC綜合法律事務所にお任せください

特定調停や借金整理でお困りの方がいらっしゃいましたら,債務整理の相談実績2000件以上の東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。ご相談は無料です。

>> 弁護士による債務整理の無料相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ