サイトマップ

債務整理(全般)

自分で信用情報を取り寄せる方法(本人開示手続)とは?

個人の金銭的な意味での信用に関する情報は,信用情報として信用情報機関に集約されることになります。ここでは,このご自身で信用情報を取り寄せる方法(本人開示手続)についてご説明いたします。

信用情報の開示

信用情報は,個人の金銭的な信用に関連する情報です。

どのような金融機関からどのくらいの金額を借り入れているのか,その契約の内容,滞納の有無など返済の状況,また,債務整理をしたなどの事故情報(ブラックリスト)が掲載されることになります。

ご自身が事故情報(ブラックリスト)に登録されているかどうかは,この信用情報をみれば知ることができます。

また,債務整理をする場合などに,現在,どのような業者から借入れをしているのか,残高はどのくらい残っているのか,契約の条件はどうなっていたかなどを調べたいという場合にも,この信用情報を利用することができるでしょう。

さらに,場合によっては,過払い金返還請求のために,すでに完済している貸金業者はどの業者なのかを調べるということもできます。

ただし,完済して契約が終了している場合には,信用情報から抹消されている場合もあります。

信用情報の開示請求

この信用情報は,誰でも自分の分を信用情報機関から取り寄せることが可能です。具体的には,信用情報機関に対して,信用情報の開示請求をすることになります。

信用情報機関には,全国銀行個人信用情報センター(KSC),株式会社日本信用情報機構(JICC)株式会社シーアイシー(CIC)の3つがあります。この3つのうちのどれかに開示請求をすることになります。

ちなみに,銀行系金融機関からの借金に関する場合であればKSCに,サラ金やローン会社であればJICCかCICに開示請求をすることになるでしょう。

多少,料金や手間がかかりますが,念のため全部の機関に開示請求をしておくということも少なくありません。

ご本人が信用情報機関に対して,ご自身の信用情報の開示を請求する場合の手続は,どの機関でもだいたい同じような手続です。

開示の申込書に所定事項を記載し,これに身分証明書を添付して,開示請求を受け付ける部署宛に郵送することになります。機関によっては,開示請求の窓口に赴いて開示を請求するという方法もあります。

また,信用情報は,成年後見人などの法定代理人や弁護士などの任意代理人が請求することができる機関もあります。

ただし,その場合でも,信用情報は,本人限定受取郵便などの方法で,直接ご本人に届けられるようです。

相続人は,被相続人の方の信用情報を取り寄せることもできます。

JICCやCICの場合には,代理人用の申込書を用いて,戸籍,戸籍の附票,住民票の写しなど相続関係を明らかにする書面や身分証明書写しを付して開示請求を行うとのことです。

KSCの場合には,相続人用の申込書書式を用いて,やはり同様の書類を添付して開示請求をします。

いずれの場合も,手数料がとられることになります。手数料は,郵送の場合,いずれの機関でも1000円程度分の定額小為替を同封して支払うことになります。

なお,開示請求手続の詳細は,以下のページをご覧いただき,不明な点があれば直接問い合わせて確認をしてから申し込みをした方がよいでしょう。

LSC綜合法律事務所のご案内

債務整理に強い弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,債務整理のご相談実績2000件以上の実績がある,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

>> 弁護士による債務整理の無料相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

このサイトがお役にたてたらシェアお願いいたします。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ