サイトマップ

債務整理(全般)

信用情報機関とは?

債務整理をすると,ブラックリスト,すなわち信用情報機関に事故情報として登録されることになります。ここでは,この信用情報機関とは何かについてご説明いたします。

信用情報機関とは

個人の金融における支払能力を判断するための情報のことを「信用情報」といいます。

具体的には,氏名や住所等の個人情報のほか,その個人が締結した金融取引の契約内容,返済状況,支払い残高,滞納その他金融事故などの情報が含まれます。金融事故の情報はブラックリストとも呼ばれています。

金融機関は,この信用情報を照会し,これをもとにして,貸付けやクレジット,ローンの審査を行うことになります。

この信用情報を蓄積している機関が「信用情報機関」です。

信用情報機関は,各金融会社から送られてくる個人情報・返済状況・残高・事故などの情報を収集し,それを各金融機関へと提供するという事業を行う機関です。

各金融機関は,各信用情報機関が提供しているネットワークに加盟することにより,その信用情報機関に自社の信用情報を提供する代わりに,その信用情報機関から他社のものも含めた個人の信用情報を受け取ることができるようになるというわけです。

貸金業法においては,貸金業者等は,過剰貸付け防止の見地から,この信用情報機関に加盟し,貸付けの際に指定された信用情報機関(指定信用機関)に照会をして信用情報を取得し,その上で貸付けの審査を行うことが義務付けられています。

個人信用情報機関 各社

個人の信用情報に関する信用情報機関には,以下の3つの団体があります。

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

1つは,全国銀行個人信用情報センター(KSC)です。この機関は,一般社団法人全国銀行協会(全銀協)が運営している信用情報機関です。

これには銀行を中心に,信用金庫,信用組合,農協組合,政府系金融機関,信用保証協会,一部の銀行系信販会社などが加盟しています(KSC加盟金融機関の一覧)。

>> 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

株式会社日本信用情報機構(JICC)

もう1つは,株式会社日本信用情報機構(JICC)は,貸金業法の指定信用情報機関です。

この会社は,信用情報機関であった株式会社テラネットが,信用情報機関であった全国信用情報センター連合会(全情連・FCBJ)の信用情報を引き継ぎ,商号を変更した会社です。

同社は,さらに信用情報機関であった株式会社シーシービー(CCB)を吸収合併しています。

日本信用情報機構には,サラ金(消費者金融),商工ローン業者,クレジットカード会社(信販会社),ローン会社などの貸金業者が加盟しています(JICC加盟金融機関の一覧)。

>> 株式会社日本信用情報機構(JICC)

株式会社シーアイシー(CIC)

3つめは,株式会社シーアイシー(CIC)です。ここも,貸金業法で定める指定信用情報機関です。

これには,サラ金・信販会社をはじめ,自動車ローン等の各種ローン会社,リース会社,貸金業を行う保険会社やメーカー系金融機関なども加盟しています(CIC加盟金融機関の検索)。

>> 株式会社シーアイシー(CIC)

各信用情報機関相互のネットワーク

これら3つの信用情報機関は,相互に情報交換を行っています。

事故情報(ブラックリスト)に関しては,CRINというネットワークによって,3機関が共通の情報を有しています。

また,指定信用情報機関である日本信用情報機構とCICは,FINEというネットワークで,個人信用情報全般を共有しています。

>> 他信用情報機関の情報交流(JICCサイト)

LSC綜合法律事務所のご案内

債務整理に強い弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,債務整理のご相談実績2000件以上の実績がある,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

>> 弁護士による債務整理の無料相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

このサイトがお役にたてたらシェアお願いいたします。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ